電験三種 電験三種の過去問解説

【ヒント掲載で使い易い】電験三種(機械)の過去問題集2019★動画と図でやさしく解説

2019年10月28日

電験三種の過去問解説(機械):2019年(令和元年)問6
ブラシレスDCモータとは(穴埋)

次の文章は、一般的なブラシレスDCモータに関する記述である。

ブラシレスDCモータは、 \(\fbox{ (ア) }\) が回転子側に、 \(\fbox{ (イ) }\) が固定子側に取り付けられた構造となっており、 \(\fbox{ (イ) }\) が回転しないため、 \(\fbox{ (ウ) }\) が必要な一般の直流電動機と異なる。しかし、何らかの方法で回転子の \(\fbox{ (エ) }\) を検出して、 \(\fbox{ (イ) }\) への電流を切り換える必要がある。この電流の切り換えを、 \(\fbox{ (オ) }\) で構成された駆動回路を用いて実現している。ブラシレスDCモータは、\(\fbox{ (オ) }\) の発達とともに発展してきたモータであり、上記の駆動回路が重要な役割を果たすモータである。

上記の記述中の空白箇所(ア)、(イ)、(ウ)、(エ)及び(オ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ) (オ)
(1) 電機子巻線 永久磁石 ブラシと整流子 回転速度 半導体スイッチ
(2) 電機子巻線 永久磁石 ブラシとスリップリング 回転速度 機械スイッチ
(3) 永久磁石 電機子巻線 ブラシと整流子 回転速度 半導体スイッチ
(4) 永久磁石 電機子巻線 ブラシとスリップリング 回転位置 機械スイッチ
(5) 永久磁石 電機子巻線 ブラシと整流子 回転位置 半導体スイッチ

出典元:一般財団法人電気技術者試験センター


スポンサーリンク

過去問解説

(ア):永久磁石

(イ):電機子巻線

(ウ):ブラシと整流子

ブラシレスDCモータとは

・回転子 = 永久磁石

・固定子 = 電機子巻線
 (コイルが回転しないので、ブラシと整流子が必要ない)

 

(エ):回転位置

(オ):半導体スイッチ

ブラシレスDCモータの駆動

回転子の回転位置を検出して、電機子巻線への電流を切り換える必要がある

半導体スイッチで構成された駆動回路を用いて電流を切り換える

 

したがって、(5)が正解です。

次のページへ >

-電験三種, 電験三種の過去問解説
-

© 2020 電トレブログ! Powered by AFFINGER5