【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種|勉強方法と学習計画(9月~GW編:科目合格を狙う)

動画で勉強方法と学習計画を確認♪

電験三種/勉強計画/方法☆試験申し込み前の時期に基礎を固めて合格する力をつけよう!ゼキザップ
↓チャンネル登録お願いします♪

説明

初受験する方を対象に説明しています。
(科目合格済みの方は、自分なりの勉強方法を確立できていると思いますので、
4科目合格目指して頑張って下さい!)

電験三種の試験内容

電験三種は、理論・電力・機械・法規の4科目で構成されています。
試験日は9月の第一日曜日で、各科目60点以上取れると合格となります。
(難易度が高い年は救済措置で60点より少なくても合格になったりします。)

科目ごとの難易度が高いので、4科目すべて合格するのはハードルが高いです。
幸い、科目合格制度があるため、初受験の方や忙しいサラリーマンは
積極的に科目合格を狙いましょう!

*科目合格制度
 合格した科目は翌年、翌々年の受験を免除されます。
 つまり3年かけて4科目合格できれば、資格を取得できます
 しかし、3年かけて合格できなかった場合、最初に合格した科目を
 再受験しないといけません!

スケジュール

科目合格狙いか、一発合格狙いかでスケジュールが異なります。

3科目合格狙いがおすすめです(次に2科目合格狙い)

3科目合格狙いを、おすすめする理由

下記に科目別合格率を示します。
3科目合格狙い(次に2科目合格狙い)を、おすすめする理由を考えてみましょう。
*ヒントは2016年と2017年の合格率です

ちなみに電験三種では、合格率10%以下の場合に難易度が高かったと判断します。
2016年と2017年は合格率10%以下の科目が2つあります(電力と法規)。

つまり、1科目合格狙いや2科目合格狙いでは、最悪の場合勉強した科目全てが
合格率10%以下の難問に当たってしまい、科目合格できず、
勉強に投資した時間が無駄になってしまいます

電験三種に挑戦するモチベーションを維持するためにも、
初受験では確実に科目合格することが重要だと考えているため、
3科目合格狙いで勉強することを、おすすめしています。

なぜ一発合格狙いを、おすすめしないのか

電験三種の科目別合格率は上記で示しましたが、
一発で合格する確率はさらに低くなります。
現実的に、多くの閲覧者が一発合格できません。下手したら科目合格すらできません…

自分が考える、一発合格できる人、科目合格できる人、科目合格できない人の特徴は
一発合格できる人:勉強をする習慣がある or すぐに習慣化できる
科目合格できる人:勉強を徐々に習慣化できる
科目合格できない人:勉強を習慣化できない

ご自身の生活を振り返ってみましょう

自分の場合は、大学を卒業して約4年後に電験三種の勉強を開始しましたが、
就職してからは業務上必要な勉強をやる程度で、
長期間継続する勉強はやっていませんでした…

休日は午前中に筋トレをやり、午後はドライブ、サイクリング…などなど、
学生時代よりお金を自由に使えたので、趣味に時間を使っていました。

こんな勉強習慣の無い、好き勝手やっている、ゆとり世代サラリーマン
電験三種に一発合格できると思いますか?

こいつ、絶対受からないな』って思いますよね?

受からないと思ったのはなぜですか?

どうせ途中で勉強辞めるだろ、続かないよ、記念受験で終わるよ、
等々表現の違いは多少あると思いますが、
勉強を継続(習慣化)できないから』という理由が多いのではないでしょうか?

つまり、勉強の習慣化は電験三種合格に重要な要素であることがわかります。

勉強習慣のある方は一発合格狙いましょう!

勉強方法

1ヶ月で参考書を読み切って、月末に(一番最近の)過去問を解いて下さい。

勉強を始めるとおそらく皆さんは、
参考書の項目を一つずつ理解したら、次の項目を勉強すると思います。

残念ながら、そのやり方では1ヶ月で参考書をやりきることはできません!
(そして、参考書学習2週目では覚えた項目を忘れています…)

合格した自分が言うのも変ですが、自分は参考書の項目をすべて理解はしていません。
全て理解する必要ないですし、情報が多すぎて無理なんです!
電験三種合格が目的であれば、60点取れる知識があれば良いんです。

※参考書については、ご自身のレベルにあったものを選ぶようにして下さい。合格者が使った参考書が、あなたにとって最適とは限りません。詳しい内容は『電験三種合格者のおすすめ参考書で勉強しても無駄!?理由と対策をアドバイスします♪』の記事をご確認下さい。

電験三種合格者のおすすめ参考書で勉強しても無駄!?理由と対策をアドバイスします♪
合格者がオススメする参考書を買って勉強しても9割の方が不合格になります。【オーム社:完全マスター&やさしく学ぶ】【電気書院:これだけ】【TAC:みんなが欲しかった】等のシリーズを『オススメだから』という判断基準で購入すると失敗します。大切なのは、自分に合った難易度の参考書を選ぶことです。加えて、過去問10年分解くことが重要です。参考書の練習問題は過去問の抜粋です。直接過去問を解けば出題パターンと時間配分がわかるので、参考書だけでなく過去問学習もやりましょう!
月末に過去問を解くことが、重要なポイントです!
(参考書見ながら過去問解いて下さいね♪)

初期学習の段階は電験三種について何も知らない状態です。
とにかく難しい試験だから、できる限り知識を詰め込むぞって感じで勉強すると思います。

手探り状態で勉強していても、重要なポイントがわからないですよ。

過去問は無料公開されているので、試験のレベルを体験しておきましょう!

一般財団法人 電気技術者試験センター/第三種電気主任技術者の問題と解説

自分のYouTubeチャンネルでも、一部ですが過去問解説動画を公開しています。
聞き流しでも構わないので、参考書学習前に試験問題の内容を知ることで、
これから何を勉強するべきか整理できると思います。
(実際に過去問を解くよりも気軽に内容を知れますが…
最初のころの動画は音声が異常に小さいです (゚_゚i) 。
最初は何だって上手くできないよなって感じで、大目に見てください <(_ _)> )

電験トレーナー ゼキザップのYouTubeチャンネル

過去問を解いたら、過去問で出題されていた内容を参考書に書き込みましょう
(元々電気系の知識があって過去問を苦戦することなく解けた方は、
解けなかった問題だけ参考書に書き込んでも良いかもしれません)

参考書を読む(演習問題を解く)⇒過去問を解く⇒参考書に過去問の情報を書き込む
これを1ヶ月ごとに繰り返しながらGWまで基礎学力を構築します。

最初のころは、ほとんど内容を理解できないため、焦る気持ちが生じるかもしれませんが、
自分の実力を信じて勉強して下さい!

電トレを活用して、理解度チェックしよう

参考書学習も5回くらい繰り返すと覚えられた内容も増えてきます。
そして、参考書を流し読みするようになります
それではただの時間つぶしになってしまいます。

そこで、電トレを利用してみて下さい。
(試験傾向から対策として有効だと考えられる、電力と機械しか作成していません。)
電トレは過去問の穴埋め問題、論説問題をベースとしたクイズ動画です。

ある程度参考書になれたところで、電トレに挑戦して下さい!
なんとなく正解した問題(運に頼って正解した問題)は
知識として定着していません。

自分が苦手とする分野を把握できるので、マンネリ化した参考書学習に
良い刺激を与えられるかもしれません。

電トレに挑戦

メッセージ

私が提示する勉強方法はすべての方にとって最適な方法ではありません。

受験者はそれぞれ、学歴や就業環境、家庭環境が異なります。
合格率の低い試験だからこそ、
皆さんが自身に適した最適な方法を見つけられると良いですね♪

自分が提供する情報に参考にできる内容が含まれていれば幸いです。

電験三種取得は人によっては長い道のりになりますが、
電験三種に挑戦しようと思った動機を忘れずに、受験勉強を頑張って下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました