【初心者でも簡単】CT125ハンターカブのオイル交換方法(やり方)解説

CT125ハンターカブ バイク

【初心者でも簡単】CT125ハンターカブのオイル交換方法(やり方)解説

2021年5月9日

こんな方におすすめ

  • CT125ハンターカブのメンテナンスをやってみたい
  • CT125ハンターカブのオイル交換をやってみたい
  • オイル交換に必要な物、やり方を知りたい


このような方に向けて記事を作成しました。

 

CT125ハンターカブって乗り回すのが楽しいバイクですよね♪わたしも、毎週のようにハンターカブでのツーリングを楽しんでいます。

 

気軽に乗り回せるので、ついつい走りすぎてしまって、あっという間に3,000km走行している方も多いと思いますが、3,000kmを超える前にやっておきたいメンテナンスがエンジンオイル交換です。

3000キロ走行してオウル交換が必要なCT125ハンターカブ

わたしのハンターカブも総走行距離が3,000km目前…

 

1,000km初回点検でオイル交換しているので、交換後に2,000km走行していることになりますが、しばらくロングツーリングが続く予定なのでオイル交換をやってみました。

 

ちなみに、オイル交換は初心者でも簡単にできるメンテナンスです。

 

自分でメンテナンスすると、CT125ハンターカブへの愛着も増してカブライフが充実するので、この記事を参考にしながら是非やってみて下さい(^^)

 

この記事を書いた人

CT125ハンターカブで週末トコトコと群馬近県を巡っています。
ちなみに、生まれも育ちもグンマーです。

 

CT125ハンターカブのエンジンオイル交換時期

CT125ハンターカブのエンジンオイル交換時期

CT125ハンターカブ(空冷)のエンジンオイル交換時期は下記の通りです。

 

  • 初回:1,000kmまたは1ヶ月
  • 以降:3,000kmまたは1年毎

 

初回は点検もかねてバイクショップでエンジンオイル交換してもらうので、2回目からは自分でオイル交換をやってみましょう!

エンジンオイルの交換は早めにやりましょう

エンジンオイルの交換は早めにやりましょう

メンテナンスノートにはエンジンオイルの交換は3,000km毎と記載されていますが、交換が早い分には問題無しです。

 

とくに、下記の使用条件ではオイルの劣化も早まります

劣化が早まる使用条件

  • 未舗装路での頻繁な走行
  • 短距離走行の繰り返し
  • アイドリング状態での頻繁な使用
  • 寒冷地での使用

 

大型バイクと違ってご近所ツーリングや、未舗装路を走行する機会のあるハンターカブは早めのオイル交換が正解ですね♪

オイル交換に必要な物

CT125ハンターカブのエンジンオイル交換に必要な物

DIYでCT125ハンターカブのエンジンオイル交換をやる際に必要なものは下記の10コです。

 

  • 交換用エンジンオイル
  • オイルドレンワッシャ
  • オイルジョッキ
  • オイル受け皿or廃油処理箱
  • メガネorスパナorソケットレンチ(17サイズ)
  • 六角レンチ(5サイズ)
  • 手袋
  • パーツクリーナー
  • キッチンペーパー
  • ゴミを入れる適当な袋

 

意外と多い印象ですが、確実に事前準備が必要な物は『オイルとドレンワッシャ』の2つです。

 

特殊な工具はいらないので既にお持ちの方も多いと思いますし、オイルジョッキはペットボトルを切って漏斗を自作したり、受け皿は使わなくなった鍋とかでも大丈夫です(^^)

 

DIYなので好きなように楽しみましょう♪

推奨オイル:ホンダウルトラG1

CT125ハンターカブの推奨エンジンオイルは、ホンダウルトラG1です。

ホンダウルトラG1は2021年にリニューアルして、鉱物油から部分合成油に進化しました。

 

以前までのG1は鉱物油であったことから、DIYされる方はグレードアップを狙ってG2(部分合成油)、G3(化学合成油)を入れていましたが、ようやくG1が部分合成油になって嬉しい限りです♪

 

リニューアルしたことで基本的にはG1で不満は出ないと思いますが、カブ系のオイル交換はフィーリングの違いをあじわうのも楽しみ方の1つなので色々な物を試してみるのも面白いです。

ちなみに、わたしのCT125ハンターカブの場合、夏はウルトラG2を入れています。

オイルドレンワッシャ:M12

CT125ハンターカブのオイルドレンワッシャはM12

CT125ハンターカブのオイルドレンワッシャはM12です。

 

オイルが漏れなければ良いだけなので、わたしはコスパ重視でデイトナのオイルドレンワッシャ(10枚入り)を購入しました♪

CT125ハンターカブのエンジンオイル交換方法(やり方)

必要なものが準備できたら、実際にエンジンオイル交換をやってみましょう!

0.動画解説

1.アンダーカバーを外す(工具によっては外さなくても大丈夫)

CT125ハンターカブのアンダーカバー

まずは、アンダーカバーを外しましょう。

 

4ヶ所が固定されているので、サイズ5の六角レンチでボルトを外してアンダーカバーをどかしましょう。

2.オイル受け皿(廃油処理箱)をドレンボルト直下に置く

CT125ハンターカブのオイルドレンボルト直下に受け皿を置く

ドレンボルトをゆるめる前に、オイル受け皿を置きます。

 

私は車のオイル交換もやっているため大きい受け皿を使っていますが、ハンターカブにここまで大きなものは必要ありません。(0.7Lしかオイル出てこないので、使わなくなった鍋でも大丈夫です)

 

ちなみに、廃油を処理してもらうツテ(ショップ等)が無い場合は、廃油処理箱にオイルを吸収して可燃ごみで処分する方法があります。(各自治体で廃油処理方法は異なるので、初めての方は自治体のHPを確認することをオススメします)

3.ドレンボルトを外してオイルを抜く

CT125ハンターカブのオイルドレンボルト2

ドレンボルトを外してオイルを抜きましょう。

 

ちなみに、ドレンボルトはまっすぐ下を向いている方(サイズ17)です。(※斜め下を向いているボルトは違います)

CT125ハンターカブのオイルドレンボルトをゆるめる

走行後は熱くなっているため、火傷に注意して作業して下さい。

CT125ハンターカブのエンジンオイルを抜いている状態

意外と勢いよく出てきます。

4.ドレンワッシャを新品に交換してドレンボルトを締める(規定トルク24N・m)

CT125ハンターカブのドレンボルトとドレンワッシャ

ボルトは再利用しますが、ワッシャーは新品と交換して下さい。

CT125ハンターカブのオイルドレンワッシャを新品に交換
CT125ハンターカブのオイルドレンボルトを規定トルクで締める様子

ドレンワッシャを交換してボルトを規定トルク24N・mで締めればOKです。

 

ちなみに、趣味をそそるアイテムとして、社外のマグネット付きドレンボルトに交換するのもアリです。

 

オイルに混ざった鉄粉がマグネットにくっつくことで、エンジンオイル本来の潤滑性能を引き出すアイテムです。(私は車に使っていますが、ハンターカブには『まだ』使ってません。ネタが尽きたら交換すると思います…)

5.新しいエンジンオイル(0.7L)を入れてキャップを締める

CT125ハンターカブに新しいエンジンオイルを注いでいる

新品のエンジンオイルを0.7L注ぎます。

 

注ぐ際はメモリ付きのオイルジョッキが便利です♪(私は車用を使っているので、メモリの意味がありませんが…)

 

キタコのオイルジョッキ(1L)はメモリが100cc刻みなので、ハンターカブ用にはちょうど良さそうです。

CT125ハンターカブのオイルキャップを締める様子

しっかりキャップを締めたら、いよいよエンジン始動です!

6.約1分暖機したあとレベルゲージでオイル量を確認

オイル交換後に暖機するためにCT125ハンターカブにキーを差し込んだ状態

目視でオイル漏れが無いことを確認後に、1分程度アイドリングで暖機させましょう。

 

暖機が終わったらエンジンを止めて、センタースタンドをかけてハンターカブをまっすぐな状態にして、オイル量をチェックします

CT125ハンターカブのオイルゲージをゆるめる様子

オイルゲージを取り外して。

CT125ハンターカブのオイルゲージに付着したオイルをキッチンペーパーでふき取る

ゲージに付着しているエンジンオイルをふき取って綺麗な状態にします。

CT125ハンターカブのエンジンオイル量を確認するため、オイルゲージを入れて引き抜く

綺麗になったゲージを入れて引き抜いて下さい。(※ねじ込む必要はありません。突き当たるまで入れて引き抜くだけで大丈夫です)

CT125ハンターカブのエンジンオイル量をレベルゲージで確認している様子

レベルゲージの下限と上限の間にエンジンオイルが付着していれば、オイル交換終了です。(ちなみに、今回は下限よりですね)

7.必要に応じてオイルの量を調整

CT125ハンターカブに新しいエンジンオイルを注いでいる

下限よりもエンジンオイルが少ない場合は注ぎ足し、上限よりも多い場合は抜き取りましょう。

 

ちなみに、抜き取るのは手間なので、最初はピッタリ0.7L気持ち少な目くらいが良いと思います。注ぎ足すのは簡単ですからね♪

私の気持ちの問題ですが、下限よりはちょっとイヤだったので、注ぎ足して下限と上限のピッタリ真ん中にしておきました♪

CT125ハンターカブのオイル交換は簡単なのでDIYしてみましょう

CT125ハンターカブのオイル交換後にロングツーリング
オイル交換した翌日に、さっそく220kmツーリング(^^)

それでは、最後に改めてCT125ハンターカブのオイル交換方法をまとめます。

 

オイル交換方法

  • センタースタンドをかけてアンダーカバーを外す
  • オイル受け皿(廃油処理箱)をドレンボルト直下に置く
  • ドレンボルトを外してオイルを抜く
  • ドレンワッシャを新品に交換してドレンボルトを規定トルク24N・mで締める
  • 新しいエンジンオイルを0.7L注ぐ
  • オイルキャップを締めて、約1分ほどアイドリング暖機させる
  • エンジンの止めて、レベルゲージでオイル量をチェックする
  • 必要に応じてエンジンオイルの注ぎ足しor抜き取りする

 

作業自体は単純なので、慣れてくれば10分くらいで手軽にできるようになります。

 

自分でオイル交換すると、愛着がわくだけでなく、エンジン音や走行性能などちょっとした変化も敏感に楽しむことができます

 

小さいバイクは手をかけた分だけ変化にも気づきやすいので、是非メンテナンスも楽しんでやってもらえたら良いなと思います(^^)

 

-CT125ハンターカブ, バイク

© 2021 電トレブログ! Powered by AFFINGER5