シフトがカチッときまる⁉CT125ハンターカブにGクラフトシフトガイド取付&レビュー

CT125ハンターカブ バイク

シフトがカチッときまる!?CT125ハンターカブにGクラフトシフトガイド取付&レビュー

こんな方におすすめ

  • ハンターカブのシフトチェンジに不満がある
  • ハンターカブを長く大切に乗りたい
  • とにかく何かカスタムしたい


このような方に向けて記事を作成しました。

 

CT125ハンターカブはシフトチェンジが『カチッ』っと決まる感覚が気持ち良いですよね♪

 

けど…たまに、シフトが入りにくい時があってもう少し乗りやすいバイクにカスタムしたいな~と思うこともあるかもしれません。

 

そのような方には、

Gクラフト シフトガイド

がオススメです。

 

誰が考えたのか…シフトガイドを装着すると『シフトがカチッと決まる』というフレーズが広まり、ハンターカブでは人気のカスタムパーツになりました。

 

そこでこの記事では、シフトガイドの取付方法と効果(レビュー)をまとめていきますので、参考にしていただければと思います。

 

この記事を書いた人

CT125ハンターカブで週末トコトコと群馬近県をツーリングしてます。
オススメのツーリングスポットを動画で紹介しています^^

 

【動画】Gクラフトシフトガイドの取付とレビュー

シフトガイドとは

CT125ハンターカブ用Gクラフトシフトガイドのタイプ2

Gクラフトのシフトガイドとは、シフトチェンジの際に起こるギヤシャフトのしなりを低減し、シフトタッチを向上させ小気味良いシフトチェンジを実現するパーツです。

 

文字を読んでもイメージできないと思うので、ハンターカブのギヤシャフトを見てみると…

CT125ハンターカブのギヤシャフト

シャフトの飛び出しが長いため、ギヤチェンジペダルを踏み込んだ際のシャフトへの負担が大きいことがわかります。

 

そこで、Gクラフトのシフトガイドを装着することで…

CT125ハンターカブにGクラフトのシフトガイドを装着した状態

シャフトの飛び出し量を短くでき、

・シャフトの負担軽減

・シフトタッチ向上

を狙うことができます。

 

Gクラフトのシフトガイド取付方法

CT125ハンターカブ用Gクラフトシフトガイドのタイプ2取付方法

それでは、Gクラフトのシフトガイドを取り付けるにあたって、ハンターカブのエンジンガードを取り外しましょう。

 

ちなみに、シフトガイドの装着とあわせてエンジンガードも社外品に交換すれば作業の手間が省けてオススメです。

CT125ハンターカブにデイトナのパイプエンジンガードを装着
【ワイドでカッコいい!】CT125ハンターカブにデイトナのエンジンガード装着

続きを見る

 

step
1
ロアーカバーの取り外し

CT125ハンターカブのロアーカバー取り外し

ハンターカブを下からのぞき込むと、ロアーカバーが4個のプッシュリベットで取り付けられています。

 

プッシュリベットはセンターを押すとロックが解除されるので、ドライバーなどで押し込んでロックを解除しましょう。

 

step
2
アンダーカバーの取り外し

CT125ハンターカブのアンダーカバー取り外し

次に、アンダーカバーを取り外します。

 

アンダーカバーは4か所ボルトで固定されているので、六角レンチでゆるめて下さい。

(アンダーカバーはツメが乗っかているので、車両前方に向かって動かすと、取り外せます)

 

step
3
アンダーカバーフレームパイプの取り外し

CT125ハンターカブのアンダーカバーのフロントプレート

フロントプレートを固定しているフランジボルト2ヶ所を取り外します。

CT125ハンターカブのアンダーカバーパイプのフランジボルト

次に、アンダーカバーパイプを固定しているフランジボルトを取り外します。

CT125ハンターカブのアンダーカバーのフロントステーカバー

次に、フロントステーカバーをフレームに固定しているキャップボルトを取り外します。

 

step
4
ステップの取り外し

CT125ハンターカブのステップ取り外し

4ヶ所のボルトを緩めて、ステップを取り外します。

 

step
5
ギヤチェンジペダルの取り外し

CT125ハンターカブのギヤチェンジペダル取り外し

最後にギヤチェンジペダルを取り外します。

 

ギヤチェンジペダル…折れるということで改善対策が行われた部分ですね…

 

今回装着するGクラフトのシフトガイドは、改善品のチャンペダルへの装着が可能なのでご安心下さい。

 

ちなみに、CT125ハンターカブはチェンジペダルに続く不具合が出始めているので、ハンターカブ主としては心臓に悪いですね…

 

 

step
6
シフトガイドのグリスアップ

CT125ハンターカブ用Gクラフトシフトガイドのタイプ2を装着するためにシャフトをグリスアップ

 

パーツの取り外しができたら、シフトガイド装着ですが…その前にシャフトとシフトガイドにグリスを塗っておきます。

 

CT125ハンターカブ用Gクラフトシフトガイドのタイプ2のグリスアップ

 

グリスの種類は指定されていませんが、私はKUREの万能グリースを塗布しました。

 

step
7
シフトガイドの取付

CT125ハンターカブ用Gクラフトシフトガイドのタイプ2を取り付けるために純正ボルトの取り外し

 

では、純正ボルト2本を外してGクラフトのシフトガイドを取り付けましょう!

 

CT125ハンターカブ用Gクラフトシフトガイドのタイプ2取付

 

取り付け自体は非常に簡単ですが、チェンジペダルアームを付け直す際に注意点があります。

 

CT125ハンターカブのシャフトくぼみ

 

ギヤシャフトの先端は、ローレット+窪み+ローレットになっています。

 

チェンジペダルを戻す際は、ギヤシャフトの窪みとシャフトのネジ穴が重なるように組付けて下さい。

CT125ハンターカブのギヤシャフトの窪みとチェンジペダルのネジ穴を重ねた状態

 

もしも、ローレットの部分とネジ穴が重なっている状態で無理やりねじ込んでしまうと、ネジ山が無くなってしまうのでご注意下さい。

CT125ハンターカブのギヤシャフトのローレットとチェンジペダルのネジ穴が重なっている状態

↑ダメな例

 

CT125ハンターカブにGクラフトのシフトガイドを装着した感想(効果・レビュー)

CT125ハンターカブにGクラフトのシフトガイドを装着した感想(効果・レビュー)

さて、CT125ハンターカブにGクラフトのシフトガイドを装着した際の効果ですが……ぶっちゃけ……

 

ココがポイント

シフトフィールの違いが分からなかったです(´ε`;)

 

鈍感な男で申し訳ありません…。

 

ただ、視聴者さんのコメントでも、違いが分かった方とわからなかった方の両方いらっしゃいました

 

とはいえ、ギヤチェンジで踏み込んだ際のシャフトへの負担は圧倒的に軽減されているので、

ハンターカブに長く乗るなら必要な部品

だと思っています。

 

むしろ、純正装着パーツにしておくべきだと思うので、皆さんもハンターカブに乗られる際は早い段階でシフトガイドを装着して、バイクの負担を軽減させてもらえればと思います。

-CT125ハンターカブ, バイク

© 2022 電トレブログ! Powered by AFFINGER5