電験三種電力の2018年過去問解説

電験三種 電験三種の過去問解説

【使いやすさNo.1】電験三種(電力)の過去問解説集2018★動画と図でやさしく説明

2019年10月27日

電験三種の過去問解説(電力):2018年(平成30)問2
水車の比速度(穴埋)

次の文章は、水車の比速度に関する記述である。

比速度とは、任意の水車の形(幾何学的形状)と運転状態(水車内の流れの状態)とを \(\fbox{ (ア) }\) 変えたとき、\(\fbox{ (イ) }\) で単位出力(1kW)を発生させる仮想水車の回転速度のことである。
水車では、ランナの形や特性を表すものとしてこの比速度が用いられ、水車の \(\fbox{ (ウ) }\) ごとに適切な比速度の範囲が存在する。
水車の回転速度をn[\(min^{-1}\)]、有効落差をH[m]、ランナ1個当たり又はノズル1個当たりの出力をP[kW]とすれば、この水車の比速度 \(n_s\) は、次の式で表される。
\(n_s=n・\displaystyle\frac{P^\frac{1}{2}}{H^\frac{5}{4}}\)
通常、ペルトン水車の比速度は、フランシス水車の比速度より \(\fbox{ (エ) }\) 。
比速度の大きな水車を大きな落差で使用し、吸出し管を用いると、放水速度が大きくなって、\(\fbox{ (オ) }\) やすくなる。そのため、各水車には、その比速度に適した有効落差が決められている。

上記の記述中の空白箇所(ア)、(イ)、(ウ)、(エ)、及び(オ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ) (オ)
(1) 一定に保って有効落差を 単位流量(1\(m^3\)/s) 出力 大きい 高い効率を得
(2) 一定に保って有効落差を 単位落差(1m) 種類 大きい キャビテーションが生じ
(3) 相似に保って大きさを 単位流量(1\(m^3\)/s) 出力 大きい 高い効率を得
(4) 相似に保って大きさを 単位落差(1m) 種類 小さい キャビテーションが生じ
(5) 相似に保って大きさを 単位流量(1\(m^3\)/s) 出力 小さい 高い効率を得

出典元:一般財団法人電気技術者試験センター


スポンサーリンク

過去問のポイント

比速度の意味さえ知っていれば解けてしまう簡単な穴埋め問題です。

ペルトン水車とフランシス水車の比速度比較や、比速度と有効落差の関係について知らなかった方は、確実に覚えて次の問題に進みましょう。

問題を解くポイント

  • 比速度とは(ア)(イ)
  • 水車の比速度(ウ)(エ)
  • 比速度と有効落差(オ)

比速度とは

比速度とは

任意の水車の形と運転状態とを相似に保って大きさを変えたとき、単位落差(1m)で単位出力(1kW)を発生させる仮想水車の回転速度


(ア)(イ)を含む記述の通りなので、他の部分が空白になっても大丈夫なように、そのまま覚えましょう。

水車の比速度

水車の種類ごとに適切な比速度の範囲

  • ペルトン水車:15~25[m・kW]
  • フランシス水車:70~350[m・kW]
  • デリア水車:140~350[m・kW]
  • 軸流水車:250~980[m・kW]

比速度の範囲を正確に覚える必要はありませんが、ペルトン水車とフランシス水車の比速度の関係を覚えておきましょう。
*(エ):ペルトン水車の比速度は、フランシス水車の比速度より小さい

比速度と有効落差

比速度と有効落差

比速度の大きな水車を大きな落差で使用し、吸出し管を用いると、放水速度が大きくなってキャビテーションが生じやすくなる

各水車の比速度に適した有効落差

  • ペルトン水車:150~800[m]
  • フランシス水車:40~500[m]
  • デリア水車:40~180m
  • 軸流水車:5~80[m]

有効落差の範囲を正確に覚える必要はありませんが、ペルトン水車とフランシス水車の有効落差の関係を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

過去問をベースにしたオリジナル問題

空白部以外の箇所が問われる可能性があります。
過去問をベースにしたオリジナル問題を作成しているので、違った視点で勉強したい方はご活用下さい。

【全問正解できるかな?】電験三種(電力)の過去問クイズ2018

続きを見る

次のページへ >

-電験三種, 電験三種の過去問解説
-

© 2020 電トレブログ! Powered by AFFINGER5