【フロントバッグは防水がオススメ】CT125ハンターカブにTTPLのTouring1装着

CT125ハンターカブ バイク

【フロントバッグは防水がオススメ】CT125ハンターカブにTTPLのTouring1装着

2021年6月13日

こんな方におすすめ

  • CT125にオススメのフロントバッグを知りたい
  • ハンターカブの使い勝手を良くしたい
  • モトブログやるのに自然な感じでメーターを隠したい


このような方に向けて、記事を作成しました。

 

CT125ハンターカブはアップタイプのハンドルなので、真ん中部分に空間が開いていて、物足りなさがありますよね。

CT125ハンターカブのアップハンドル

 

定番のカスタムは

ハンドルブレース+スマホホルダー

ですが、フロントバッグを装着すると使い勝手が良くて便利になります。

 

とくに、完全防水のフロントバッグであれば、濡れたら困る…けど頻繁に取り出したい小物(財布など)を収納するのに最適です。

 

そこで、この記事では私が実際に装着しているオススメのフロントバッグを紹介するので、参考になれば幸いです。

 

この記事を書いた人

CT125ハンターカブで週末トコトコと群馬近県を巡っています。
ちなみに、生まれも育ちもグンマーです。

 

CT125ハンターカブのフロントバッグはTTPL touring1(完全防水)がオススメ

CT125ハンターカブにTTPLのtouring1装着

1番オススメなのはTTPLのtouring1で、私が実際に装着しているフロントバッグです。

 

デザインがおしゃれ

完全防水で財布を入れていても安心なことがメリットですが、なんといってもデザインがおしゃれ!

TTPLのtouring1をCT125ハンターカブに装着するとおしゃれなデザイン

まさに、ハンターカブ専用のフロントバッグと言っても良いかもしれませんね。

 

取り付けが簡単

取り付けも3本のストラップでとめるだけなので簡単です♪

TTPLのtouring1は3本のストラップで取付

30秒かからないので、出発前の煩わしさゼロです。

 

容量は小さい

容量は1Lなので、大きい物は入れられません(500mlのペットボトル1本+α)。

TTPLのtouring1はペットボトルも入る

 

私の場合は、濡れたら困るけど頻繁に取り出す物(財布+バッテリー+インナー手袋)を入れています。

TTPLのtouring1は完全防水なので濡れたら困る小物の収納に最適

 

ハンターカブの場合、フロントバッグが小容量でもサイドバッグやキャリアボックスが大容量なので、大物の荷物はそちらに収納する使い方が良いと思います。

実際、私もコーヒーツーリングやラーツーをする際は、頻繁に出し入れしない荷物はキャリアボックスとサイドバッグに収納してツーリングしています(^^)

 

 

逆向きに装着するとメーターを隠せる

TTPLのtouring1を逆向きに装着するとメーターが隠れるのでモトブログにもオススメ

声高にPRするポイントでは無いですが、前後逆向きに装着するとメーターを隠せます。(GoPro hero8をネックマウントで撮影した場合)

 

動画を見てわかるとおり、メーターをきれいに隠すことができています。

 

モトブログをやるさい、テープを貼ってスピードを隠している方がいますが、危ないのでやめましょう!

 

ちなみに、ライダー自身の目線ではこのように、

TTPLのtouring1を逆向きに装着してもライダー自身の目線ではメーターが見える

メーターは見えているので、問題無しです。(GoProをチンマウントする場合はメーターが見えるかもです)

フロントバッグは『容量』よりも『防水』で選ぶのがオススメ

CT125ハンターカブのフロントバッグは容量ではなく防水で選ぶのがオススメ

フロントバッグはハンドルの操作感にも影響するので、小容量で違和感のない物が良いと思います。

 

それよりも、防水性に着目して、大切な荷物が水没しないことを重視して選ぶと、ツーリング先での後悔も減るのでオススメです。

 

追記

人気商品のため、売り切れたみたいです…私のバッグも汚れてきたので再販されることを願ってますm(_ _)m

TTPLオンラインストア ≫

 

-CT125ハンターカブ, バイク

© 2021 電トレブログ! Powered by AFFINGER5