【DIYでも簡単♪】CT125ハンターカブのホムセン箱取付方法解説

CT125ハンターカブ バイク

【DIYでも簡単♪】CT125ハンターカブのホムセン箱取付方法解説

2021年8月16日

こんな方におすすめ

  • ハンターカブにオススメのホムセン箱を知りたい
  • ホムセン箱の取付方法を知りたい
  • DIYでホムセン箱w取り付けてみたい

このような方に向けて記事を作成しました。

 

CT125ハンターカブといえば、スーパーカブやクロスカブよりも大型のキャリアが装着されているので、大きいボックスを載せることができます。

 

しかし、ボックスが大きく目立つほど、ハンターカブの

ココに注意

アウトドア感あるデザインを維持するのが難しくなる

ことが悩みの種です。

 

わたしのハンターカブも見た目に拘ってカスタムしてきたので、普段はこのように…

純正ビジネスボックスを『マットブラウン/マットブラック』のツートン塗装した物を載せています。

 

見た目には満足していますが、

  • 塗装費用1万円
  • 気を使わないと塗装が剥げる
  • BOXの上に荷物を載せられない

といった感じで、積載量を増やしたくなったり、もっとガサツに扱いたいなど、よりハードに使いたいときに不満が出てきます。

 

そんな時、ホームセンターを徘徊していたところ、ついに!ハンターカブに似合うホムセン箱を見つけました!!

CT125ハンターカブに似合うホムセン箱

絶対に似合う色合いですよね♪

 

そこでこの記事では、CT125ハンターカブに似合うホムセン箱と取付方法をまとめました。

 

カブ主さんの参考になれば幸いです。

 

この記事を書いた人

CT125ハンターカブで週末トコトコと群馬近県を巡っています。
ちなみに、生まれも育ちもグンマーです。

 

CT125ハンターカブに載せられるボックスサイズ

CT125ハンターカブに載せられるホムセン箱のサイズ

まず最初に、載せられるホムセン箱にはサイズ制限があることを抑えておきましょう。

 

積載物の制限

  • 荷台(リアキャリア)の幅から、左右に+15cm
  • 荷台(リアキャリア)の長さから、後ろに+30cm
  • 地上から高さ2m

バイクの積載物サイズの法律的制限(左右)

バイクの積載物サイズの法律的制限(前後高さ)

 

ホムセン箱の場合、

サイズ制限

横幅70.9cm x 前後77.7cm

に収まるように注意して選びましょう。(高さは普通に選べば2m超えないので大丈夫だと思います)

CT125ハンターカブに似合うオススメのホムセン箱

CT125ハンターカブにオススメのホムセン箱

CT125ハンターカブにオススメのホムセン箱は、

です。

 

カラーバリエーションは『ベージュ/ブラック』『レッド/ブラック』『グリーン/ブラック』『グレー/ブラック』の4色なので、ハンターカブのボディーカラーと合わせやすいところがオススメです。

容量は60Lで、

内寸

W48.6×D28.6×H28.2cm

なので、使い勝手も問題無しです。

 

欠点は防犯性がゼロなので貴重品を入れっぱなしにする方は、南京錠などを付けて対策しましょう。

CT125ハンターカブにホムセン箱を取り付ける方法

CT125ハンターカブにホムセン箱を取り付ける際に、最も簡単なのは

荷台に直結する

取付方法です。

 

とはいえ、ホムセン箱に穴をあけてリアキャリアに固定するだけでは不十分なので、そのあたりはご注意下さい。

動画で取付方法を確認

ホムセン箱取付に必要な物

CT125ハンターカブにホムセン箱を取り付けるために必要な物
CT125ハンターカブにホムセン箱を取り付けるために準備する物

CT125ハンターカブにホムセン箱を装着する際に必要な物はこれらのつです。

  • 木板:W34cm x D17cm x H1.5cm
  • 木材防腐剤
  • 刷毛
  • ネジ:M6(並目)首下長さ30mm(4本)
  • ブラケット(4枚)

 

もし、電動ドライバーなど穴あけ用の工具を持っていない方は、Amazonの電動ドライバー売れ筋ランキングから好みの物を準備しておきましょう。

手順1:ホムセン箱と木板に穴あけ加工

CT125ハンターカブにホムセン箱を装着するために木板に穴あけ加工

まずは、リアキャリアのネジ穴4ヶ所にあうように、ホムセン箱と木板に穴を開けましょう。

 

M6のネジで締結するので、穴はΦ8であれば大丈夫ですが、わたしのように寸法精度に自信の無い方はΦ12くらいで開けておくと合わせやすいです。

手順2:木板の塗装

CT125ハンターカブにホムセン箱を装着するために木板を防腐塗装

木板はホムセン箱の底板として使用しますが、雨でぬれることもあるため防腐塗装しておきましょう。

 

ウッドデッキ用の塗料が用途的には最適です。

和信ペイント クレオパワー ブラウン 0.7kg 800351

和信ペイント クレオパワー ブラウン 0.7kg 800351

787円(09/19 16:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

*刷毛は100均で売ってます(…ちなみに私が使っているのは障子ノリ用の刷毛です^^;)

ホムセン箱をキャリアにボルト止め

CT125ハンターカブにホムセン箱を装着するために防腐塗装した木板をリアキャリアに載せる

防腐剤を塗り乾いた木板をリアキャリアに載せて、その上からホムセン箱を載せましょう。

 

M6のネジで締結した際にホムセン箱がわれないように、適当なブラケットをネジとホムセン箱の間に入れておくと安心です。

CT125ハンターカブのリアキャリアにM6ボルトでホムセン箱を固定

参考までに、私の場合は純正ビジネスボックス取付用のアタッチメントを流用しています。

CT125ハンターカブはホムセン箱を載せてもカッコいい

CT125ハンターカブはホムセン箱を載せてもカッコいい

ハンターカブにホムセン箱をつけたらダサくなる不安もありましたが、

  • ツートンカラー
  • 四角い形状

のホムセン箱であれば、むしろカッコよくて似合うことがわかりました。

 

また、ホムセン箱自体が安いので気兼ねなくガツガツ使えるところもお気に入りです。

 

ボックスはハンターカブの外観に大きく影響するので、皆さんも好みのボックスを載せて個性あるカスタムを楽しんで下さい(^^)

-CT125ハンターカブ, バイク

© 2021 電トレブログ! Powered by AFFINGER5