ブロックパターンがレトロ!CT125ハンターカブにIRCの3R装着レビュー

CT125ハンターカブ バイク

CT125ハンターカブにIRCの3R装着!レトロなブロックタイヤが似合う!

2022年5月2日

こんな方におすすめ

  • CT125ハンターカブに3Rを装着した姿を見たい
  • ハンターカブにオススメのブロックタイヤを知りたい
  • どんなブロックタイヤが装着できるのか知りたい

このような方に向けて記事を作成しました。

 

CT125ハンターカブを買ったからには、

ブロックタイヤを装着して林道を走りたい!

そう思う方も多いかと思います。

 

実際、私も1,000kmの慣らし走行が終わった段階で、純正タイヤ(GP-5)からIRCのブロックタイヤFB3に交換しました。

CT125ハンターカブにIRCのブロックタイヤFB3を装着した状態

ハンターカブのワイルドさが増してカッコいいですよね♪

(FB3を装着して、関東屈指のロングダートである御荷鉾スーパー林道を走ったのは良い思い出です。)

 

FB3を装着して走り回ること約1年…走行距離が12,000kmになりタイヤ交換が必要なくらい偏摩耗しました。

次のタイヤも同じくFB3を装着しようかと思いましたが、私の場合基本的に舗装路走行が多く、ロングツーリングもやるため、

ココがポイント

FB3よりもロングライフでオンロード向きのタイヤ

を装着しようと思い、IRCの3Rを装着することにしました。

 

参考

*CT125ハンターカブに装着できるタイヤの寿命についてはこちらの記事をご確認下さい。

【ブロックタイヤの寿命】CT125ハンターカブは軽いけど早く摩耗します
【ブロックタイヤの寿命】CT125ハンターカブは軽いけど早く摩耗します

続きを見る

 

しかし、ここで…CT125ハンターカブに3Rは似合うのか?といった疑問が浮かびました。

 

何せ、インスタやツイッターで調べても、装着している方が見つからない…

 

バイクの印象はタイヤで大きく変わってしまうため不安もありましたが、CT125ハンターカブに3Rを装着したので画像を掲載いたします。

 

3R装着を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

この記事を書いた人

群馬を拠点にして、CT125ハンターカブで走り回るモトブロガーです

 

レビュー動画

CT125ハンターカブにIRCの3R(2.75-17)装着

CT125ハンターカブにIRCの3R(2.75-17)装着

 

上の写真はIRCの3Rを装着したCT125ハンターカブです。

 

ハンターカブのワイルドな感じは無くなって、スマートな見た目になりました。

 

それでいて、純正装着のGP-5よりもブロックタイヤ風のデザインなので、クロスカブとの差別化ができるところもポイントです。

 

CT125ハンターカブにIRCの3R(2.75-17)装着2

 

GP-22のようなハードなブロックタイヤではないので、林道以外で写真を撮っても馴染みやすいところも良いですよね♪

 

3R(IRC)とユニバーサル(ダンロップ)は別のタイヤ

ダンロップのユニバーサル

IRCの3Rと同じようなタイヤといえば、ダンロップのユニバーサルがあります。

 

ぱっと見、メーカーが違うだけで同じタイヤだと思われるかもしれませんが、微妙にブロックパターンが異なります

 

IRCの3Rはセンターのブロックに横方向のスリットが無い
IRCの3R

 

IRCの3Rでは、左右のブロックには横方向のスリットがあり、中央のブロックには横方向のスリットがありません。

 

一方、ダンロップのユニバーサルでは、中央のブロックにも横方向のスリットがあります。

 

ダンロップのユニバーサルにはセンターのブロックにもスリットがある

 

おそらく…スリットが入っている方がブロックの追従性が高くなり、コーナリングが安定すると思います。

 

そうなると、中央のブロックにスリットが入っている意味は『?』なので、ユニバーサルよりも3Rの方が直進時の抵抗が少なく走りやすいと考えられます。

 

 

値段を比較してみても、ユニバーサル(ダンロップ)よりも3R(IRC)の方が安いので、あえてユニバーサルを選ぶ理由も少なそうですね。

 

CT125ハンターカブに3Rを装着して林道やオフロード走行できる?

CT125ハンターカブに3Rを装着してオフロード走行できる?

 

CT125ハンターカブ主であれば多くの方が、林道を走行したい!と思うかもしれませんが、IRCの3Rでもこれらの

  • 舗装林道
  • フラットダート

であれば問題なく走れます。

 

ただし、ブロックパターンを見てもらえればわかる通り…

IRCの3Rはブロックの間隔が狭い

ブロック1つ1つの間隔が狭いので、すぐに泥や砂利が詰まってしまいます

 

そのため、泥道ではグリップが効かず安定した走行ができないのでご注意下さい。

 

まとめ:フラットダートしか走らないなら3Rはオススメ

CT125ハンターカブでフラットダートしか走らないなら3Rはオススメ

CT125ハンターカブにIRCの3Rを装着した写真をいくつか掲載しましたが、いかがだったでしょうか?

 

道を選ばずどこにでも走って行けるハンターカブって感じはしないですが、ブロックタイヤよりも

  • 長寿命
  • 振動が少ない
  • 騒音が少ない

といったメリットがあるので、オンロードメインでたまにフラットダートを走るといった乗り方をされる方にはちょうど良いタイヤだと思います。

 

ハンターカブの遊び方は人それぞれ♪

 

この記事が、あなたの使い方にあったタイヤ選びの参考になれば幸いです^^

 

参考

CT125ハンターカブに装着できるブロックタイヤ一覧はこちらの記事で紹介しています。興味のある方は参考にどうぞ。

【ブロックタイヤおすすめです】CT125にFB3装着レビュー|カッコよさ倍増♪
【ブロックタイヤおすすめです】CT125にFB3装着レビュー|カッコよさ倍増♪

続きを見る

 

ブロックタイヤの寿命については、こちらの記事にまとめたので良かったらどうぞ。

【ブロックタイヤの寿命】CT125ハンターカブは軽いけど早く摩耗します
【ブロックタイヤの寿命】CT125ハンターカブは軽いけど早く摩耗します

続きを見る

-CT125ハンターカブ, バイク

© 2022 電トレブログ! Powered by AFFINGER5