【安心】CT125ハンターカブの折れるチェンジペダルを改善品に交換

CT125ハンターカブ バイク

【安心】CT125ハンターカブの折れるチェンジペダルを改善品に交換

2021年10月14日、ホンダからCT125ハンターカブの改善対策が発表されました。

【悲報】CT125ハンターカブのチェンジペダルが折れて脱落|リコール改善対策情報
【悲報】CT125ハンターカブのチェンジペダルが折れて脱落|リコール改善対策情報

続きを見る

 

不具合の内容は、

ココがダメ

ギヤチェンジペダルが折れる

とのことで、ツーリング先で折れたらヤバイなと思い、ロングツーリングは控えていましたが、ようやく改善品に交換することができました。

 

まだ改善品に交換されていないハンターカブ主さんの中には、不安な方もいるかもしれないので、対応の流れどこが改善されたのかをまとめておきたいと思います。

 

この記事を書いた人

CT125ハンターカブで週末トコトコと群馬近県をツーリングしてます。
ちなみに、生まれも育ちもグンマーです。

 

改善品のギヤチェンジペダル交換までの流れ

ギヤチェンジペダル交換対象車に乗っている方には、ホンダからDMが届きます。

 

 

中には不具合の内容と、対応方法が書かれた紙が入っているので、指示に従ってペダル交換の予約をして下さい。

 

CT125ハンターカブの改善対策(リコール)の対応方法
  • 購入店に連絡
  • コールセンターに連絡:0120-262-182

 

ちなみに私は、DMが届く前でしたがお世話になっている購入店に確認したところ、チェンジペダルはあるのでいつでも交換できるとのことでした。

 

注意:タイ仕様の並行輸入車は対象外

残念ながら、タイ仕様の並行輸入車に乗られている方は、今回の改善対策対象外です。

 

これが並行輸入車を買うリスクですね…

 

ちなみに、自費で注文すれば交換できますが…納期は約3ヶ月らしいです。

 

それにしても、ハンターカブは納車も遅いし、不具合の対応も遅いしで、海外で開発と生産をやっているツケが回ってきた感じですね。

 

ギヤチェンジペダルを改善前後で比較

交換作業の途中でしたが、販売店の許可をもらって写真を撮らせていただきました。

 

CT125ハンターカブのギヤチェンジペダル改善品溶接部
改善品のギヤチェンジペダル溶接部
CT125ハンターカブの折れるギヤチェンジペダル溶接部
折れるギヤチェンジペダルの溶接部

 

しっかりと、溶接範囲が広がっていますね。

 

CT125ハンターカブのギヤチェンジペダル改善品裏側
改善品のギヤチェンジペダル表側
折れるギヤチェンジペダル表側

 

ハンターカブに装着した際に見える表側も板幅が広がっていて、溶接範囲拡大に役立っているのがわかります。

 

これで安心してツーリングできる

ツーリング先でギヤチェンジペダルが折れたら、怖いのでロングツーリングは控えていましたが、これで安心してツーリングを楽しめます。

 

皆さんも早めに購入店へ連絡して、ペダルを改善品に交換し、紅葉ツーリングを楽しみましょう♪

-CT125ハンターカブ, バイク

© 2021 電トレブログ! Powered by AFFINGER5