家庭用脱毛器ケノンを最大出力レベル10で照射して火傷するか検証した画像

メンズ脱毛

【注意!ケノンの悪評検証】出力上げて照射すると本当に火傷するの?

2020年1月13日

ケノンの危険性・使用上の注意点に関する記事です。

  • ケノン(家庭用脱毛器)の危険性を知りたい
  • ケノン(家庭用脱毛器)で火傷するのか知りたい
  • 正しい使用方法を知りたい


このような方に向けて書いています。

 

家庭用脱毛器を初めて買うとき、気になって調べることと言えば、

・本当に効果があるのか?

・痛いのか?

危険はないのか?

だと思います。

 

と言うのも、私もケノンを購入する前にこれらの事を調べたからです。
(安い買い物ではないですからね(゚ー゚;A)

 

特に、脱毛効果と安全性(危険性)については、結構調べました。

 

 

しかし、脱毛効果をPRするサイトは充実しているのに、危険性に関する記事が少なくて、結局大した情報は得られなかったです。

 

そこで、ケノンを使って約1年脱毛している私が、

・危険性

・検証結果(証拠写真公開)

・対策

についてまとめました。

 

ケノン公式サイトでは絶対に公開されない情報なので、購入前の不安解消につながれば幸いです(^^)
(一番最後に、私の失敗談から『ケノンをお得に購入する方法』も紹介致します…こんな買い物下手がいるのか…と反面教師にしてもらえればと思います(;^_^A)

 

なお、ケノンの詳細を知りたい場合は公式サイトをご確認いただければと思います。

公式サイトはこちら

 

ちなみに、『ケノンの脱毛効果(指、手の甲、腕、腹)』、『ケノンの脱毛効果(足)』『照射を辞めたらどうなるのか?』については、私の脱毛記録を別途記事に作成しているので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

ケノンの危険性

結論から言うと、ケノンには火傷の危険性があります

 

しかし、これはケノンに限ったことでは無く、全ての脱毛施術に共通する危険性です。

 

詳細は国民生活センターに掲載されているのでご確認下さい…とはいえ、37ページあるので、重要な部分を抽出するとこんな感じです。


・皮膚障害➡50.7%

熱傷➡39.6%

・その他➡9.7%

 

特に、ケノンのような自宅で使える家庭用脱毛器の場合、

・早く脱毛したい

・肌の強さがわからない

・照射が面倒

といった思いから、照射出力や使い方をまちがってしまい、火傷してしまうことがあります。

 

ケノンで火傷するのか検証

家庭用光脱毛器ケノンの照射出力を最大のレベル10に設定した画像

それでは、本当にケノンで火傷する危険性があるのか検証していきます。

 

条件はこんな感じです。

検証条件

・ケノンの照射出力最大(レベル10)

・保冷剤で肌を冷やさない

あくまでも検証なので、一部分だけ照射してみます…。

 

このような結果となりました(TmT)

照射した瞬間感じたことは、

・痛い!

・熱い!!

です。

 

微妙に生え残っていた毛が焼失して、部屋中に硫黄臭が充満して、妻からのクレームが凄かったです…
(臭いから外でヤレ(`^´)!……そう言われましても(゚_゚i))

 

そして、肝心の照射部ですが、

ケノンの悪評である火傷を検証するために最大出力レベル10で照射して赤いポツポツができた指の画像

ケノンの悪評である火傷を検証するために最大出力レベル10で照射して赤いポツポツができた腕の画像

照射した部分が赤くなっているのと、毛穴に赤いポツポツができていますね。

 

指や腕は比較的肌が強いので、翌日には赤みが消えて元通りになりましたが、肌の弱い部位では火傷していたと思います。

 

とはいえ、これは誤った使い方をした場合です。

 

私はこの記事を更新している段階で、約1年ケノンを使用していますが、

火傷することなく安全に脱毛できています(*^-^)

 

今回の検証では赤くなりましたが、普段は正しい使用方法を守っているため不具合なく脱毛することができました

 

それでは、誤った使い方とは何なのか?火傷する原因とその対策について整理していきます。

 

ケノンで安全に脱毛するためには必要な知識なので、ぜひ目を通して頂ければと思います(^^)

スポンサーリンク

ケノン(家庭用光脱毛器)で、やけどする原因と対策

ケノンで火傷する原因は、これらの誤った使い方による影響が大きいです。

 

誤った使用方法

  • 十分冷却していない
  • 照射レベル(出力)が不適切
  • 照射禁止部位に照射
  • 日焼け直後など肌状態不適切
  • 事前準備不足

 

今回の火傷検証では、十分どころか全く冷却していないにも関わらず最高出力で照射したので、赤くなってしまいました。

 

火傷対策1:肌を十分冷却する

ケノンで火傷しない為の対策ですが、照射する部位を、照射前後に保冷剤で冷却します。

 

これ、かなり大切です。

 

特に照射出力を上げるごとに冷却時間はしっかりと確保するようにしましょう。

 

冷却と言ってもどれくらい冷却すればいいの?って思うかもしれませんが、照射した際に熱さを感じなくなるくらい冷却して下さい……時間にすると

冷却時間

5~10秒くらい

ですね。

 

ちなみに、付属の保冷剤では使い物にならないので、大きめな保冷剤を使用しましょう。その方が早く効率的に皮膚を冷やせます

ケノン付属の保冷剤が小さくて使い物にならない画像

私は、お弁当用の保冷剤をラップで巻いて使用しています。
(ちなみに弁当男子を始めて約2年経ちました…あっという間に時間が過ぎますね(・-・*))

 

手の甲や腕を脱毛する際はお弁当サイズの保冷剤で十分でしたが、足を脱毛する場合はもう一回り大きい保冷剤が必要です。
(私はSサイズを使用していますが、片足のひざ下だけで保冷剤が解けました(^▽^;))

とはいえ、しっかりと冷やすのが結構面倒なんですよね…

しっかりと冷やした場合、照射にどれくらい時間がかかるのか知りたい方は、こちらの記事をご確認下さい。

家庭用光脱毛器ケノンを身長180cmの男が使用した場合、部位ごとにどれくらいの照射時間がかかるのか測定した画像
【想像以上に面倒】身長1.8mの男が検証!ケノンの全身照射時間

続きを見る

 

火傷対策2:照射レベル(出力)を最適化する

ケノンの照射レベルは10段階調整できるので、部位に応じて出力を調整しましょう。

 

肌を露出する機会の多い、『腕』や『ひざ下』などは出力が強くてもなんだかんだ大丈夫ですが、『内もも』や『Vライン』など肌の弱い部分は特に出力に注意しましょう!

 

けど、出力を上げて照射しないと効果出ないんでしょ?

 

確かに、低い出力で照射した部分は効果が現れるまで時間がかかりました。

 

男のVラインの写真を公開するのは、いくらブログでもまずいので掲載できませんが、Vラインの毛が薄くなるまでレベル6で照射して9ヶ月くらいかかりました

 

照射レベルを上げるほど脱毛効果が得られるまでの期間が短縮しますが、火傷してしまった場合取り返しがつかないので、焦らず計画的に照射していきましょう。

 

火傷対策3:照射禁止部位に照射しない

私はケノンを『手の甲』『腕』『へそ』『Vライン』『足』に使用していますが、

ケノンはI・Oラインに使用禁止

なので、ご注意下さい。

 

使用禁止部位でも出力下げて徐々に確認しながら照射すれば大丈夫でしょ?って考えで照射すると後悔します…

 

照射直後は問題が無くても、数時間後にかゆくなったり、熱くなったりします。I・Oラインを脱毛したい方はケノンではなく『脱毛ラボ』のようなI・Oラインに照射可能な家庭用脱毛器を選びましょう。

 

加えて、ケノンを照射する際、

ほくろ等の黒い部分も照射禁止

なのでご注意下さい。

 

私は『ほくろを避けながら照射』していますが、避けられない場合は白いシール(スーパーの文具コーナーやホームセンターで売っているようなシール)を貼って照射しましょう。

 

火傷対策4:肌に負担がかかっている時は照射しない

肌に負担がかかっている状態と言っても曖昧ですが、例えば

・日焼け

・肌荒れ

・ニキビ

これらの症状がある場合は、ケノンを照射しない方が良いです。

 

けど、2週間ごとに計画的照射しないとダメなんでしょ?

 

照射するペースなんてただの目安です。照射が1日や2日ズレたくらいで結果は変わらないのでご安心下さい。

どちらにしろ数か月かけて照射を繰り返すので火傷の危険性がある日は照射を見送りましょう

 

また、照射後のケアも大切です。

しっかりとクリームを塗って、乾燥を予防しましょう。(私はニベアで済ませてます)

火傷対策5:事前に毛を処理しておく

毛が伸びた状態で照射すると、毛が焼失して部屋中が硫黄臭で臭くなるから…という理由もありますが、

高い出力で照射すると毛が燃えた時の熱で肌が火傷してしまいます。

 

とはいえ、毛の剃り残しとかも普通にあるので、最初の対策で紹介したように保冷剤で十分肌を冷やしてから照射しましょう。

 

保冷剤でしっかり冷却できていれば、毛を数本剃り残していても大丈夫なのでご安心下さい。

まとめ:ケノンの悪評(やけど)検証結果

ケノンには脱毛効果がありますが、それはつまり出力が高く使用方法を誤ると火傷に繋がることが分かったと思います。

 

火傷を防止するためには、

ポイント

・肌を十分冷却する

・部位に応じて照射出力を調整する

・照射禁止部位に照射しない

・肌に負担がかかっている時は照射しない

・事前に毛を処理しておく

これらが大切です。

 

コロナ感染症対策で、ケノンに限らず家庭用脱毛器のニーズが急増しています。

 

サロンではなく家庭用脱毛器を使用することは感染予防に良いと思いますが、火傷してしまっては意味がありません(--,)

 

自宅脱毛に焦りは不要なので、正しい使い方を守って計画的にムダ毛の悩みを解消していきましょう!

 

ケノンをお得に購入する方法

結論を言うと、ケノン公式サイトで購入するのが一番お得です。

 

なぜかと言うと、私がアマゾンで購入して損したからです(T△T)

詳細はこちらの記事をご確認下さい。

家庭用光脱毛器ケノンを公式サイトでは無くアマゾンで購入して損をした画像
ケノンをアマゾンで買うと【最大2万円損】公式サイトで買うべき理由

続きを見る

 

今でこそケノンは結構売れているため、私が購入した当時よりも特典がしょぼいですが、それでも公式サイトで買った方が良いです。

 

私のようにアマゾンで購入してしまうと、せっかくのカートリッジ交換式なのにカートリッジを単体で購入できないので交換式の意味が無いですからね(^▽^;)

(公式サイトで購入していれば、カートリッジを購入できます)

 

安い買い物ではないので、私の失敗談を反面教師にしていただければと思います…

公式サイトはこちら

-メンズ脱毛

© 2020 電トレブログ! Powered by AFFINGER5