【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/法規/過去問解説:2015年(平成27)問8☆可燃性ガスによる爆発の恐れがある場所の屋内配線工事(論説)

問題

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成27年度第三種電気主任技術者試験法規科目A問題問8

次の文章は、可燃性のガスが漏れ又は滞留し、電気設備が点火源となり爆発するおそれがある場所の屋内配線に関する工事例である。「電気設備技術基準の解釈」に基づき、不適切なものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)金属管工事により施設し、薄鋼電線管を使用した。
(2)金属管工事により施設し、管相互及び管とボックスその他の付属品とを5山以上ねじ合わせて接続する方法により、堅ろうに接続した。
(3)ケーブル工事により施設し、キャブタイヤケーブルを使用した。
(4)ケーブル工事により施設し、MIケーブルを使用した。
(5)電線を電気機械器具に引き込むときは、引込口で電線が損傷するおそれがないようにした。

スポンサーリンク

解答とアドバイス

(3)

ゼキザップ
ゼキザップ

この問題は個人的には捨てても良いと思います。

覚える量が膨大なので、勉強する際は最初は飛ばしてしまって、全体的に法規の出題範囲を覚えてから、取り組むことをオススメします。

(3)ケーブル工事により施設し、 × キャブタイヤケーブル○ キャブタイヤケーブル以外 を使用した。

\可燃性ガスの漏れ又は滞留で、電気設備が点火源となり爆発するおそれがある場所の屋内配線に関する工事/
  • 金属管工事により施設する
    ・金属管は薄鋼電線管またはこれと同等以上の強度を有するもの
    管相互及び管とボックスその他の付属品とを5山以上ねじ合わせて接続する方法により、堅ろうに接続
    電動機に接続する部分で可とう性を必要とする部分の配線には、耐圧防爆型フレキシブルフィッチング又は安全増防爆型フレキシブルフィッチングを使用すること
     
  • ケーブル工事により施設する
    ・電線はキャブタイヤケーブル以外のケーブルであること
    ・電線はがい装を有するケーブル又はMIケーブルを使用する場合を除き、管その他の防護装置に収めて施設すること
    ・電線を電気機械器具に引き込むときは、引込口で電線が損傷するおそれがないようにすること

読むだけでは本当に覚えられたか不安だったので、私は重要だと思う箇所を隠して勉強しました。
これができれば、法規は怖いもの無しですよ。

\可燃性ガスの漏れ又は滞留で、電気設備が点火源となり爆発するおそれがある場所の屋内配線に関する工事/
  • \(\fbox{ ? }\) 工事又は \(\fbox{ ? }\) 工事により施設する
     
  • \(\fbox{ ? }\) 工事により施設する場合
    ・ \(\fbox{ ? }\) は \(\fbox{ ? }\) またはこれと同等以上の強度を有するもの
    ・ \(\fbox{ ? }\) 相互及び \(\fbox{ ? }\) と \(\fbox{ ? }\) その他の付属品とを \(\fbox{ ? }\) 山以上ねじ合わせて接続する方法により、堅ろうに接続
    ・ \(\fbox{ ? }\) に接続する部分で \(\fbox{ ? }\) 性を必要とする部分の配線には、耐圧防爆型フレキシブルフィッチング又は安全増防爆型フレキシブルフィッチングを使用すること
     
  • \(\fbox{ ? }\) 工事により施設する
    ・電線は \(\fbox{ ? }\) 以外の \(\fbox{ ? }\) であること
    ・電線はがい装を有する \(\fbox{ ? }\) 又は \(\fbox{ ? }\) を使用する場合を除き、管その他の防護装置に収めて施設すること
    ・電線を電気機械器具に引き込むときは、引込口で電線が損傷するおそれがないようにすること

コメント

タイトルとURLをコピーしました