【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/法規/過去問解説:2015年(平成27)問7☆低高圧架空電線の高さ及び建造物等との離隔距離(論説)

問題

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成27年度第三種電気主任技術者試験法規科目A問題問7

次の文章は、低高圧架空電線の高さ及び建造物等との離隔距離に関する記述である。その記述内容として、「電気設備技術基準の解釈」に基づき、不適切なものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)高圧架空電線を車両の往来が多い道路の路面上7mの高さに施設した。
(2)低圧架空電線にケーブルを使用し、車両の往来が多い道路の路面上5mの高さに施設した。
(3)建造物の屋根(上部造営材)から1.2m上方に低圧架空電線を施設するために、電線にケーブルを使用した。
(4)高圧架空電線の水面上の高さは、船舶の航行等に危険を及ぼさないようにした。
(5)高圧架空電線を、平時吹いている風等により、植物に接触しないように施設した。

スポンサーリンク

解答とアドバイス

(2)

ゼキザップ
ゼキザップ

(1)(2)(3)の数値が怪しいと思える方は、勘が鋭いですね。

(4)(5)は具体的な数値の無い、当たり障りない文章なので、電気設備技術基準の解釈を知らなくても、雰囲気で正しい文章であることがわかると思います。

低高圧架空電線の高さは施設場所によって異なるので、今回出題された内容以外についても、覚えておきましょう!

(2)低圧架空電線にケーブルを使用し、車両の往来が多い道路の路面上 × 5m○ 6m以上 の高さに施設した。

低高圧架空電線の高さ
施設場所低圧高圧
道路横断(路面上)6m以上6m以上
鉄道または軌道横断(レール面上)5.5m以上5.5m以上
横断歩道橋の上(路面上)3m以上3.5m以上
その他(地表上)*5m以上5m以上

*4m以上とできる例外規定がある

低高圧架空電線と建造物との離隔距離
区分低圧高圧
上部造営材の
上方
2m以上
1m以上
(電線が高圧絶縁電線、特別高圧絶縁電線、ケーブルの場合)
2m以上
1m以上
(電線がケーブルである場合)
その他1.2m以上
0.8m以上
(人が建造物の外へ手を伸ばしたり身を乗り出せない部分)
0.4m以上
(電線が高圧絶縁電線、特別高圧絶縁電線、ケーブルの場合)
2m以上
0.8m以上
(人が建造物の外へ手を伸ばしたり身を乗り出せない部分)
0.4m以上
(電線がケーブルの場合)

読むだけでは本当に覚えられたか不安だったので、私は重要だと思う箇所を隠して勉強しました。
これができれば、法規は怖いもの無しですよ。

低高圧架空電線の高さ
施設場所低圧高圧
道路横断(路面上) \(\fbox{ ? }\) m以上 \(\fbox{ ? }\) m以上
鉄道または軌道横断(レール面上) \(\fbox{ ? }\) m以上 \(\fbox{ ? }\) m以上
横断歩道橋の上(路面上) \(\fbox{ ? }\) m以上 \(\fbox{ ? }\) m以上
その他(地表上)* \(\fbox{ ? }\) m以上 \(\fbox{ ? }\) m以上

* \(\fbox{ ? }\) m以上とできる例外規定がある

低高圧架空電線と建造物との離隔距離
区分低圧高圧
上部造営材の
上方
\(\fbox{ ? }\) m以上
\(\fbox{ ? }\) m以上(電線が高圧絶縁電線、特別高圧絶縁電線、ケーブルの場合)
\(\fbox{ ? }\) m以上
\(\fbox{ ? }\) m以上(電線がケーブルである場合)
その他\(\fbox{ ? }\) m以上
\(\fbox{ ? }\) m以上(人が建造物の外へ手を伸ばしたり身を乗り出せない部分)
\(\fbox{ ? }\) m以上(電線が高圧絶縁電線、特別高圧絶縁電線、ケーブルの場合)
\(\fbox{ ? }\) m以上
\(\fbox{ ? }\) m以上(人が建造物の外へ手を伸ばしたり身を乗り出せない部分)
\(\fbox{ ? }\) m以上(電線がケーブルの場合)

コメント

タイトルとURLをコピーしました