【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/法規/過去問解説:2015年(平成27)問5☆電路を結合する変圧器に施す接地工事(穴埋め)

問題

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成27年度第三種電気主任技術者試験法規科目A問題問5

次の文章は、「電気設備技術基準の解釈」に基づく、高圧電路又は特別高圧電路と低圧電路とを結合する変圧器(鉄道若しくは軌道の信号用変圧器又は電気炉若しくは電気ボイラーその他の常に電路の一部を大地から絶縁せずに使用する負荷に電気を供給する専用の変圧器を除く。)に施す接地工事に関する記述の一部である。

高圧電路又は特別高圧電路と低圧電路とを結合する変圧器には、次のいずれかの箇所に \(\fbox{ (ア) }\) 接地工事を施すこと。

a.低圧側の中性点
b.低圧電路の使用電圧が \(\fbox{ (イ) }\) V以下の場合において、接地工事を低圧側の中性点に施し難いときは、 \(\fbox{ (ウ) }\) の1端子
c.低圧電路が非接地である場合においては、高圧巻線又は特別高圧巻線と低圧巻線との間に設けた金属製の \(\fbox{ (エ) }\)

上記の記述中の空白箇所(ア)、(イ)、(ウ)及び(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(ア)(イ)(ウ)(エ)
(1)B種150低圧側混触防止板
(2)A種150低圧側接地板
(3)A種300高圧側又は特別高圧側混触防止板
(4)B種300高圧側又は特別高圧側接地板
(5)B種300低圧側混触防止板
スポンサーリンク

解答とアドバイス

(5)

ゼキザップ
ゼキザップ

今回はB種接地工事の接地箇所に関する問題でした。

B種接地工事は接地箇所だけでなく、接地抵抗値や接地線太さについても問われる可能性があるので、試験本番までに覚えておきましょう!

\B種接地工事/
  • 接地抵抗値
    ・事故遮断時間2秒を超える➡150/Ig[Ω]以下
    ・事故遮断時間1秒を超えて2秒以内➡300/Ig[Ω]以下
    ・事故遮断時間1秒以下➡600/Ig[Ω]以下
  • 接地線太さ
    引張強さ2.46kN以上の金属線または直径4mm以上の軟銅線
  • 接地箇所
    ・低圧側の中性点
    ・変圧器の低圧側1端子(低圧側の使用電圧が300V以下)
    ・低圧電路が非接地である場合においては、高圧巻線又は特別高圧巻線と低圧巻線との間に設けた金属製の混触防止版

読むだけでは本当に覚えられたか不安だったので、私は重要だと思う箇所を隠して勉強しました。
これができれば、法規は怖いもの無しですよ。

\B種接地工事/
  • 接地抵抗値
    ・事故遮断時間2秒を超える➡\(\displaystyle\frac{\fbox{ ? }}{I_g}[Ω]\)
    ・事故遮断時間1秒を超えて2秒以内➡\(\displaystyle\frac{\fbox{ ? }}{I_g}[Ω]\)
    ・事故遮断時間1秒以下➡\(\displaystyle\frac{\fbox{ ? }}{I_g}[Ω]\)
     
  • 接地線太さ
    引張強さ \(\fbox{ ? }\) kN以上の金属線または直径 \(\fbox{ ? }\) mm以上の軟銅線
     
  • 接地箇所
    ・ \(\fbox{ ? }\) 圧側の中性点
    ・変圧器の \(\fbox{ ? }\) 圧側1端子(低圧側の使用電圧が \(\fbox{ ? } V\) 以下)
    ・低圧電路が \(\fbox{ ? }\) 接地である場合においては、高圧巻線又は特別高圧巻線と低圧巻線との間に設けた金属製の \(\fbox{ ? }\) 板

コメント

タイトルとURLをコピーしました