【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/法規/過去問解説:2015年(平成27)問10☆計器用変成器の変流器に関する記述(論説)

問題

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成27年度第三種電気主任技術者試験法規科目A問題問10

次の文章は、計器用変成器の変流器に関する記述である。その記述内容として誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)変流器は、一次電流から生じる磁束によって二次電流を発生させる計器用変成器である。
(2)変流器は、二次側に開閉器やヒューズを設置してはいけない。
(3)変流器は、通電中に二次側が開放されると変流器に異常電圧が発生し、絶縁が破壊される危険性がある。
(4)変流器は、一次電流が一定でも二次側の抵抗値により変流比は変化するので、電流計の選択には注意が必要になる。
(5)変流器の通電中に、電流計をやむを得ず交換する場合は、二次側端子を短絡して交換し、その後に短絡を外す。

スポンサーリンク

解答とアドバイス

(4)

ゼキザップ
ゼキザップ

『電技の解釈』や『電気事業法』などの暗記する項目と違って、変流器は物なので解きやすい問題だと思います。

学校や実務で目にする機会がある方に有利な問題ですが、現物を見たことが無い方は、今回の問題で書かれている特徴を覚えましょう!

変流器とは、一次側の大電流を二次側に接続する計器に必要な電流に変換する計器です。

一次電流と二次電流の比を、変流比と言い、

\(変流比=\displaystyle\frac{I_1}{I_2}=\displaystyle\frac{N_2}{N_1}\)

で表されます。

\(I_1\):一次電流
\(I_2\):二次電流
\(N_1\):一次巻数
\(N_2\):二次巻数

つまり、問題文(4)の記述は

変流器は、一次電流が一定でも二次側の抵抗値により変流比は変化するので、電流計の選択には注意が必要になる。

『抵抗値により変流比は変化する』の部分が誤りです。

変流比は抵抗値は関係ありません。

\変流器の特徴/
  • 一次電流から生じる磁束によって二次電流を発生させる計器用変成器
     
  • 二次側に開閉器やヒューズを設置してはいけない
     
  • 通電中に二次側が開放されると変流器に異常電圧が発生し、絶縁が破壊される危険性がある
     
  • \(変流比=\displaystyle\frac{I_1}{I_2}=\displaystyle\frac{N_2}{N_1}\)
     
  • 変流器の通電中に電流計を交換する場合は、二次側端子を短絡して交換する

読むだけでは本当に覚えられたか不安だったので、私は重要だと思う箇所を隠して勉強しました。
これができれば、法規は怖いもの無しですよ。

\変流器の特徴/
  • 一次電流から生じる \(\fbox{ ? }\) によって二次電流を発生させる計器用変成器
     
  • \(\fbox{ ? }\) 側に開閉器やヒューズを設置してはいけない
     
  • 通電中に二次側が \(\fbox{ ? }\) されると変流器に異常 \(\fbox{ ? }\) が発生し、絶縁が破壊される危険性がある
     
  • \(変流比=\displaystyle\frac{\fbox{ ? }}{\fbox{ ? } }=\displaystyle\frac{\fbox{ ? }}{\fbox{ ? }}\)
     
  • 変流器の通電中に電流計を交換する場合は、 \(\fbox{ ? }\) 側端子を \(\fbox{ ? }\) して交換する

コメント

タイトルとURLをコピーしました