【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/法規/過去問解説:2015年(平成27)問1☆電気事業法に規定される自家用電気工作物に関する説明(穴埋め)

問題文と解答

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成27年度第三種電気主任技術者試験法規科目A問題問1

次の文章は、「電気事業法」に規定される自家用電気工作物に関する説明である。

自家用電気工作物とは、電気事業の用に供する電気工作物及び一般用電気工作物以外の電気工作物であって、次のものが該当する。

a. \(\fbox{ (ア) }\) 以外の発電用の電気工作物と同一の構内(これに準ずる区域内を含む。以下同じ。)に設置するもの
b. 他の者から \(\fbox{ (イ) }\) 電圧で受電するもの
c. 構内以外の場所(以下「構外」という。)にわたる電線路を有するものであって、受電するための電線路以外の電線路により \(\fbox{ (ウ) }\) の電気工作物と電気的に接続されているもの
d. 火薬類取締法に規定される火薬類(煙火を除く。)を製造する事業場に設置するもの
e. 鉱山保安法施行規則が適用される石炭杭に設置するもの

上記の記述中の空白箇所(ア)、(イ)及び(ウ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(ア)(イ)(ウ)
(1)小出力発電設備600Vを超え7000V未満の需要場所
(2)再生可能エネルギー
発電設備
600Vを超える構内
(3)小出力発電設備600V以上7000V以下の構内
(4)再生可能エネルギー
発電設備
600V以上の構外
(5)小出力発電設備600Vを超える構外

(5)

スポンサーリンク

解説

(5)が正解です。

自家用電気工作物に該当するものは、問題文の記述を丸暗記しましょう!

\自家用電気工作物/
  • 他の者から600Vを超える電圧で受電するもの
  • 小出力発電設備以外の発電設備に設置するもの
  • 構外にわたる電線路を有するもの
  • 火薬類を製造する事業所に設置するもの
  • 甲種炭坑および乙種炭坑に設置するもの

学力別におすすめする参考書

まだ、参考書を買っていない方。あるいは、使用している参考書がいまいち理解できない方は、こちらの記事をご確認下さい♪

電験三種合格者のおすすめ参考書で勉強しても無駄!?理由と対策をアドバイスします♪
合格者がオススメする参考書を買って勉強しても9割の方が不合格になります。【オーム社:完全マスター&やさしく学ぶ】【電気書院:これだけ】【TAC:みんなが欲しかった】等のシリーズを『オススメだから』という判断基準で購入すると失敗します。大切なのは、自分に合った難易度の参考書を選ぶことです。加えて、過去問10年分解くことが重要です。参考書の練習問題は過去問の抜粋です。直接過去問を解けば出題パターンと時間配分がわかるので、参考書だけでなく過去問学習もやりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました