【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問6☆保護リレー

問題

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成30年度第三種電気主任技術者試験電力科目A問題問6

次の文章は、保護リレーに関する記述である。
電力系統において、短絡事故や地絡事故が発生した場合、事故区間は速やかに系統から切り離される。このとき、保護リレーで異常を検出し、 (ア)を動作させる。架空送電線は特に距離が長く、事故発生件数も多い。架空送電線の事故の多くは (イ)による気中フラッシオーバに起因するため、事故区間を高速に遮断し、フラッシオーバを消滅させれば、絶縁は回復し、架空送電線は通電可能な状態となる。このため、事故区間の遮断の後、一定時間(長くて1分程度)を経て、 (ウ)が行われる。一般に、主保護の異常に備え、 (エ)保護が用意されており、動作の確実性を期している。
上記の記述中の空白箇所(ア)、(イ)、(ウ)及び(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(ア)(イ)(ウ)(エ)
(1)遮断器落雷保守常備
(2)断路器落雪再閉路常備
(3)変圧器落雷点検後備
(4)断路器落雪点検後備
(5)遮断器落雷再閉路後備
\問題文から推測して、選択肢を絞り込もう/
  • (ア):変圧器は論外なので、遮断器と断路器の用途を思い浮かべましょう。
  • (イ):フラッシオーバとは、異常電圧によって電線路から鉄塔側に放電することです。
  • (ウ):前文の『絶縁は回復し、架空送電線は通電可能な状態となる』から連想しましょう。
  • (エ):主保護の備えです…
スポンサーリンク

解答と解説

(5)

(ア)の短絡事故、地絡事故時に何を動作させるのかについては、知識が必要ですが、(イ)(ウ)(エ)については、電験三種の勉強をしていなくても、選択問題なのでなんとなく正解できてしまう簡単な問題です。

\この知識があれば解ける/
  • 遮断器と断路器の違い
  • 架空送電線の事故原因は何が多いのか
  • 事故区間遮断後の対応
  • 保護の構成

遮断器と断路器の違い…(ア)

遮断器

短絡事故や地絡事故が発生した場合、事故区間を健全な系統から速やかに切り離し、停電や他の機器への影響を抑える

断路器

作業時などに遮断器により開路された線路を安全のために、さらに開路する

遮断器と断路器の違いは大丈夫でしょうか?遮断器事故時に作動するのに対して、断路器遮断器により開路された状態で操作できます。
つまり、(ア)には事故時に作動する遮断器が選択されます。

架空送電線の事故原因は何が多いのか…(イ)

この問題…『落雷と落雪、どちらの事故が多いのか』を知っていることは重要ではありません!と言うのも私自身、問題を読んで最初は……

普通に考えたら落雷の事故が多いだろうな…。
けど、雪が多い地域はどっちなんだろう?落雪なのかな?

って感じでしたが、(イ)を含む文章の後半が大切でした!!(イ)を含む文章は、

架空送電線の事故の多くは (イ)による気中フラッシオーバに起因する

とありますが、気中フラッシオーバに起因するの部分が大切です!なんとなく、私が言いたいことがわかってきましたか?つまり……

架空送電線の事故は落雷と落雪どちらが多いか?…ではなく、

落雷と落雪どちらによって気中フラッシオーバが生じるか?

って感じで捉えられれば、答えはわかると思います。
気中フラッシオーバとは電線路への直撃雷開閉サージ(異常電圧)によって電線路から鉄塔側に放電することですので、(イ)には落雷が選択されます。

事故区間遮断後の対応…(ウ)

事故区間遮断後、一定時間を経て(長くて1分程度)何をやるのか…電気の知識に関係なく選択肢の状態を想像すると面白いですよ(^^)
もしも(ウ)に点検を選択したら…

完全にブラック企業ですね(こんな所で働きたくない…(/ω\))
残りは『保守』か『再閉路』ですが、(ウ)の前文に

フラッシオーバを消滅させれば、絶縁は回復し、架空送電線は通電可能な状態となる

と書かれているため、通電させるために何をするのか?を考えましょう。
事故区間は遮断器によって開路されているので、再閉路すれば通電します。
よって、(ウ)には再閉路が選択されます。

保護の構成…(エ)

(ア)(イ)(ウ)がわかれば(エ)は後備しか選択肢が残りませんが、過去問学習ですのでしっかりと内容を覚えておきましょう!

主保護の異常に備え、後備保護が用意されております。

(エ)のような選択肢が過去問学習の欠点です。過去問学習の欠点と、その解決方法を私なりに別の記事で説明しているので、お時間ある時にご確認下さい。(YouTube動画も添付しているので、サクッと内容を確認できます。)

電験三種|過去問クイズ~目的と利用上の注意点
電験三種は合格率が低い試験なので、多くの受験者が勉強方法を検索すると思います。収集した情報の中には、『電験三種に過去問学習は意味がない』…という内容もあったと思います。その情報を信じて過去問学習をやらずに受験すると、自分のように勉強時間を無駄にすることになりますよ!電験三種に過去問学習は必須です!!参考書や通信教材アフィリエイトに注力しているサイトの情報に騙されないようにしましょう。
スポンサーリンク

過去問クイズに挑戦しよう!

今回の問題を解けた方は、クイズに挑戦して理解度を確認してみましょう♪

電験三種|2018年(平成30年)電力の過去問クイズ~直前対策、参考書の理解度確認
電験三種に過去問学習は意味がない!この情報を信じて過去問をやらないで受験すると失敗する確率が高いですよ。確かに、解答を暗記するだけの過去問学習は無意味です。けど、暗記したくなくても何度も過去問学習していると暗記してしまいますよね…。そんな方のために作成したのがクイズ動画です。2018年(平成30年度)の電力の過去問から出題するクイズに挑戦して、直前対策や参考書学習後の実力確認にご活用下さい!

学力別におすすめする参考書

まだ、参考書を買っていない方。あるいは、使用している参考書がいまいち理解できない方は、こちらの記事をご確認下さい♪

電験三種合格者のおすすめ参考書で勉強しても無駄!?理由と対策をアドバイスします♪
合格者がオススメする参考書を買って勉強しても9割の方が不合格になります。【オーム社:完全マスター&やさしく学ぶ】【電気書院:これだけ】【TAC:みんなが欲しかった】等のシリーズを『オススメだから』という判断基準で購入すると失敗します。大切なのは、自分に合った難易度の参考書を選ぶことです。加えて、過去問10年分解くことが重要です。参考書の練習問題は過去問の抜粋です。直接過去問を解けば出題パターンと時間配分がわかるので、参考書だけでなく過去問学習もやりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました