【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問10☆送配電系統における過電圧の特徴

問題

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成30年度第三種電気主任技術者試験電力科目A問題問10

送配電系統における過電圧の特徴に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。
(1)鉄塔又は架空地線が直撃雷を受けたとき、鉄塔の電位が上昇し、逆フラッシオーバが起きることがある。
(2)直撃でなくても電線路の近くに落雷すれば、電磁誘導や静電誘導で雷サージが発生することがある。これを誘導雷と呼ぶ。
(3)フェランチ効果によって生じる過電圧は、受電端が開放又は軽負荷のとき、進み電流が線路に流れることによって起こる。この現象は、送電線のこう長が長いほど著しくなる。
(4)開閉過電圧は、遮断器や断路器などの開閉操作によって生じる過電圧である。
(5)送電線の1線地絡時、健全相に現れる過電圧の大きさは、地絡場所や系統の中性点接地方式に依存する。直接接地方式の場合、非接地方式と比較すると健全相の電圧上昇倍率が低く、地絡電流を小さくすることができる。

スポンサーリンク

解答と解説

(5)

送配電系統における過電圧の特徴に関する問題で、基本的には知らないと解けない問題です。しかし、特別難しい内容が出題されているわけではないので、簡単だったと思います♪

\この知識があれば解ける/
  • 逆フラッシオーバとは…(1)
  • 誘導雷とは…(2)
  • フェランチ効果とは…(3)
  • 開閉過電圧とは…(4)
  • 直接接地方式と非接地方式の違い…(5)

動画で解説

電験三種/電力/過去問解説☆送配電系統における過電圧!2018年 問10【ゼキザップ】
\チャンネル登録よろしくお願いします/

逆フラッシオーバとは…(1)

(1)の記述は正しいです。
逆フラッシオーバとは、鉄塔又は架空地線が直撃雷を受けたとき、鉄塔の電位が上昇し、鉄塔側から導体に向かって放電する現象です。

ちなみに、逆フラッシオーバと似た言葉で、フラッシオーバがあります。
フラッシオーバは、電線路から鉄塔側へ放電するので、向きが異なります!注意しましょう!!

フラッシオーバについては、2018年の電験三種『電力』-問6で出題されているので、確認しておきましょう♪

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問6☆保護リレー
保護リレーの関する問題ですが、遮断器と断路器の違いを理解していれば、簡単に解ける問題です。また、架空送電線の事故は落雷と落雪どちらが多いのかについては、視点を変えて解説しています。事故区間遮断後、一定時間経過後の対応については、問題文中にヒントが記載されています。今回は、知識としては問題文を丸暗記すれば良いので、穴埋め問題における連想方法みたいな感じで解説致します。(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)

誘導雷とは…(2)

(2)の記述は正しいです。
誘導雷とは、電線路近くの落雷による電磁誘導や静電誘導で発生する雷サージです。

一応原理を説明すると…雷雲の下部に蓄積されたマイナスの電荷に引き付けられて、電線にプラスの電荷が蓄積されます。落雷があると、線路上の電荷が進行して、異常電圧が生じます。あらかた勉強が終わっていて、時間に余裕のある方は覚えましょう♪

フェランチ効果とは…(3)

(3)の記述は正しいです。
フェランチ効果による過電圧は、受電端開放又は軽負荷のとき、進み電流が線路に流れることによって起こります。この現象は、送電線のこう長が長いほど著しくなる

問題文のままですが、ほかの表現でも覚えておきましょう♪
フェランチ効果は、受電端電圧が送電端電圧よりも上昇する現象です。地中送電線のように、対地間の静電容量が大きいと生じます。

開閉過電圧とは…(4)

(4)の記述は正しいです。
文字通り、開閉過電圧とは遮断器や断路器などの開閉操作によって生じる過電圧です。

直接接地方式と非接地方式の違い…(5)

(5)の記述は誤りです。
直接接地方式の場合、非接地方式と比較すると健全相の電位上昇倍率が低く、地絡電流が大きくなります。

今回は直接接地方式非接地方式の比較でしたが、他にも抵抗接地方式消弧リアクトル接地方式がありますので、それぞれ特徴を覚えて、どれを比較しても正解できるようになりましょう♪

スポンサーリンク

クイズで実力を確認してみよう

この問題で送配電系統における過電圧の特徴について学べたと思います。過去問学習では解答のみ覚えてしまうと試験本番で通用しません。クイズに挑戦して、解答以外の内容も頭に入っているか確認しましょう♪

電験三種|2018年(平成30年)電力の過去問クイズ~直前対策、参考書の理解度確認
電験三種に過去問学習は意味がない!この情報を信じて過去問をやらないで受験すると失敗する確率が高いですよ。確かに、解答を暗記するだけの過去問学習は無意味です。けど、暗記したくなくても何度も過去問学習していると暗記してしまいますよね…。そんな方のために作成したのがクイズ動画です。2018年(平成30年度)の電力の過去問から出題するクイズに挑戦して、直前対策や参考書学習後の実力確認にご活用下さい!

学力別におすすめする参考書

まだ、参考書を買っていない方。あるいは、使用している参考書がいまいち理解できない方は、こちらの記事をご確認下さい♪

電験三種合格者のおすすめ参考書で勉強しても無駄!?理由と対策をアドバイスします♪
合格者がオススメする参考書を買って勉強しても9割の方が不合格になります。【オーム社:完全マスター&やさしく学ぶ】【電気書院:これだけ】【TAC:みんなが欲しかった】等のシリーズを『オススメだから』という判断基準で購入すると失敗します。大切なのは、自分に合った難易度の参考書を選ぶことです。加えて、過去問10年分解くことが重要です。参考書の練習問題は過去問の抜粋です。直接過去問を解けば出題パターンと時間配分がわかるので、参考書だけでなく過去問学習もやりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました