【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問3☆汽力発電所のボイラ及びその付属設備(論説)

問題文と解答

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成28年度第三種電気主任技術者試験電力科目A問題問3

汽力発電所のボイラ及びその付属設備に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)蒸気ドラムは、内部に蒸気部と水部をもち、気水分離器によって蒸発管からの気水を分離させるものであり、自然循環ボイラ、強制循環ボイラに用いられるが貫流ボイラでは必要としない。

(2)節炭器は、煙道ガスの余熱を利用してボイラ給水を飽和温度以上に加熱することによって、ボイラ効率を高める熱交換器である。

(3)空気予熱器は、煙道ガスの排熱を燃焼用空気に回収し、ボイラ効率を高める熱交換器である。

(4)通風装置は、燃焼に必要な空気をボイラに供給するとともに発生した燃焼ガスをボイラから排出するものである。通風方式には、煙突だけによる自然通風と、送風機を用いた強制通風とがある。

(5)安全弁は、ボイラの使用圧力を制御する装置としてドラム、過熱器、再熱器などに設置され、蒸気圧力が所定の値を超えたときに弁体が開く。

各設備の役割がわかっていないと解けない問題です。

節炭器は給水を温めるものであるが『煙道ガス』と『タービン蒸気』どちらの余熱を利用するのか、って感じの問題が定番ですが、その部分は今回は正しいので、違うところに誤りがあります。

(2)

スポンサーリンク

解説

知識が無いと解けない問題ですが、ヒントで示した定番の?出題パターンではなかった分、引っかかった方もいると思います。

論説問題では、幅広い知識が要求されるため、確実な得点源にすることが困難ですが、勉強を継続して徐々に正解率が上げていきましょう。(最初は全くわからなくても、徐々に3択、2択に絞り込めるようになります※さらっと絞り込めると書きましたが、きちんと正解がわかる問題は少ないです…2択に絞り込めるようになれば上出来ですよ(^▽^;))

(1):蒸気ドラムの必要性

(1)の記述は正しいです。

蒸気ドラムとは、問題文の記述通り、

内部に蒸気部と水部をもち、気水分離器によって蒸発管からの気水を分離させるもの

となります。
また、3種類のボイラについては、

\ボイラの種類/
  • 自然循環ボイラ
    蒸発管と降水管中の水の比重差によりボイラ水が循環する
  • 強制循環ボイラ
    循環ポンプで水を循環させる
  • 貫流ボイラ
    ドラムが無く管のみで構成されている

となっているため、ドラムが自然循環ボイラ、強制循環ボイラに用いられるが貫流ボイラでは必要としないという記述は正しいです。

(2):節炭器とは

(2)の記述は誤りです。

節炭器は、煙道ガスの余熱を利用してボイラ給水を × 飽和温度以上に加熱する〇 温める ことによって、ボイラ効率を高める熱交換器である

何で何を加熱するのかについては、煙道ガスでボイラ給水を加熱するので正しかったのですが、温度が飽和温度以上にはならないので誤りです。

ゼキザップ
ゼキザップ

誤りの前後に正しい内容を記載することで、誤りを隠すタイプの出題方法です。この出題方法の論説問題は難易度が高いです。

今回では、温度に関する誤りの前に『煙道ガスの余熱でボイラ給水を』といった正しい記載と、後ろに『ボイラ効率を高める』といった正しい記載があるため、誤りが目立たなくなっています。

論説問題を解く際は、穴埋め問題よりも集中して解くようにして下さい。

(3):空気予熱器とは

(3)の記述は正しいです。

空気予熱器とは、問題文の記述の通り、

煙道ガスの排熱を燃焼用空気に回収し、ボイラ効率を高める熱交換器

です。

ポイント

煙道ガスの排熱を燃焼用空気に回収

青色で塗った箇所が覚えておくべきポイントですので、しっかり覚えておきましょう!

(4):通風装置とは

(4)の記述は正しいです。

通風装置については、参考書によっては詳しい説明がないので、今回の問題文の記述は覚えておきましょう!(初期学習中の方は参考書に書き込んでおきましょう)

通風装置は、燃焼に必要な空気をボイラに供給するとともに発生した燃焼ガスをボイラから排出するものである。通風方式には、煙突だけによる自然通風と、送風機を用いた強制通風とがある。

(5):安全弁とは

(5)の記述は正しいです。

安全弁とは、問題文の記述通り、

ボイラの使用圧力を制御する装置としてドラム、過熱器、再熱器などに設置され、蒸気圧力が所定の値を超えたときに弁体が開く

です。

どこに設けられて、どんな働きをするのか、を覚えておきましょう!

ポイント

・どこに設けられる? ➡ ドラム、過熱器、再熱器など
・どんなときに弁体が開く? ➡ 蒸気圧力が所定値を超えたとき

過去問クイズ(動画)に挑戦しよう

過去問学習では、解答部分だけを暗記してしまい、試験本番で思い出せないことがあります。解答の暗記ではなく、知識として定着させるためには、クイズなどで記憶の確認を行う必要があります。

今回の問題を含めたクイズ動画を公開しているので、通常の過去問学習に飽きた方、解答を覚えてしまった方はぜひ挑戦してみて下さい。(参考書学習中の方も、現在の実力を確認するために、挑戦してみて下さい。)

電験三種|2016年(平成28年)電力の過去問クイズ~直前対策、参考書の理解度確認
電験三種に過去問学習は意味がない!この情報を信じて過去問をやらないで受験すると失敗する確率が高いですよ。確かに、解答を暗記するだけの過去問学習は無意味です。けど、暗記したくなくても何度も過去問学習していると暗記してしまいますよね…。そんな方のために作成したのがクイズ動画です。2016年(平成28年度)の電力の過去問から出題するクイズに挑戦して、直前対策や参考書学習後の実力確認にご活用下さい!

学力別おすすめの参考書

まだ、参考書を買っていない方。あるいは、使用している参考書がいまいち理解できない方は、こちらの記事をご確認下さい♪

電験三種合格者のおすすめ参考書で勉強しても無駄!?理由と対策をアドバイスします♪
合格者がオススメする参考書を買って勉強しても9割の方が不合格になります。【オーム社:完全マスター&やさしく学ぶ】【電気書院:これだけ】【TAC:みんなが欲しかった】等のシリーズを『オススメだから』という判断基準で購入すると失敗します。大切なのは、自分に合った難易度の参考書を選ぶことです。加えて、過去問10年分解くことが重要です。参考書の練習問題は過去問の抜粋です。直接過去問を解けば出題パターンと時間配分がわかるので、参考書だけでなく過去問学習もやりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました