【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問14☆送電線路に用いられる導体(論説)

問題文と解答

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成28年度第三種電気主任技術者試験電力科目A問題問14

送電線路に用いられる導体に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1) 導体の特性として、一般に導電率は高く引張強さが大きいこと、質量及び線熱膨張率が小さいこと、加工性及び耐食性に優れていることなどが求められる。

(2) 導体には、一般に銅やアルミニウム又はそれらの合金が用いられ、それらの導体の導電率は、温度や不純物成分、加工条件、熱処理条件などによって異なり、標準軟銅の導電率を100%として比較した百分率で表される。

(3) 地中ケーブルの銅導体には、一般に軟銅が用いられ、硬銅と比べて引張強さは小さいが、伸びや可とう性に優れ、導電率が高い。

(4) 鋼心アルミより線は、中心に亜鉛めっき鋼より線、その周囲に軟アルミ線をより合わせた電線であり、アルミの軽量かつ高い導電性と、鋼の強い引張強さとをもつ代表的な架空送電線である。

(5) 純アルミニウムは、純銅と比較して導電率が\(\displaystyle\frac{2}{3}\)程度、比重が\(\displaystyle\frac{1}{3}\)程度であるため、電気抵抗と長さが同じ電線の場合、アルミニウム線の質量は銅線のおよそ半分である。

』と『』に、注意して問題文の記述を読みましょう

(4)

スポンサーリンク

解説

定番の部分が間違っているため、過去問学習を多くされている方には簡単だったと思います。

今回間違えた方も、電験三種では今回のように、記述内容全てが間違えているわけではなく、一部分だけ誤っているパターンが出題されるので、試験本番では注意深く問題を読むようにしましょう。

\この知識があれば解ける/
  • (1)導体の特性
  • (2)導体の導電率
  • (3)地中ケーブルに用いられる銅導体とその特徴
  • (4)鋼心アルミより線とは
  • (5)純アルミニウムと純銅の特性

(1)導体の特性

(1)の記述は正しいです。

導体の特性として、一般に導電率は高く引張強さが大きいこと、質量及び線熱膨張率が小さいこと、加工性及び耐食性に優れていることなどが求められる

ゼキザップ
ゼキザップ

導体の特性として重要なポイントを着色しました。

着色した箇所は、穴埋め問題で出題されても対応できるように覚えましょう。

(2)導体の導電率

(2)の記述は正しいです。

導体には、一般にアルミニウム又はそれらの合金が用いられ、それらの導体の導電率は、温度や不純物成分、加工条件、熱処理条件などによって異なり、標準軟銅の導電率を100%として比較した百分率で表される

ゼキザップ
ゼキザップ

今回は標準軟銅の導電率が記述されていますが、他の導体材料の導電率も覚えておきましょう。

\導体の導電率/
  • 標準軟銅 ➡ 100%
  • 硬銅 ➡ 97%
  • 硬アルミ ➡ 61%

(3)地中ケーブルに用いられる銅導体とその特徴

(3)の記述は正しいです。

地中ケーブルの銅導体には、一般にが用いられ、と比べて引張強さは小さいが、伸びや可とう性に優れ導電率が高い

ゼキザップ
ゼキザップ

(3)の記述は覚えるべき要素が多いので、一度に覚えられない方は要素を分解して徐々に覚えていきましょう。

・地中ケーブルで軟銅が用いられる
・軟銅は硬銅と比べて、引張強さが小さい
・軟銅は硬銅と比べて、伸びや可とう性に優れる
・軟銅は硬銅と比べて、導電率が高い【(2)の説明をご確認下さい】

(4)鋼心アルミより線とは

(4)の記述は誤りです。

鋼心アルミより線は、中心に亜鉛めっき鋼より線、その周囲に × 軟アルミ線〇 硬アルミ線 をより合わせた電線であり、アルミの軽量かつ高い導電性と、鋼の強い引張強さとをもつ代表的な架空送電線である。

ゼキザップ
ゼキザップ

アルミ線ではなく、アルミ線です。
一文字違うだけなので、さらっと流し読みしていると気付けないです。

しかし、(1)~(3)までの問題も、軟or硬で問題を量産できるので、試験問題として作りやすいため、定番の出題方法です。

今回間違えた方は、次から『軟』、『硬』の含まれる記述があったら、注意して読むようにしましょう。

(5)純アルミニウムと純銅の特性

(5)の記述は正しいです。

純アルミニウムは、純銅と比較して導電率が\(\displaystyle\frac{2}{3}\)程度、比重が\(\displaystyle\frac{1}{3}\)程度であるため、電気抵抗と長さが同じ電線の場合、アルミニウム線の質量は銅線のおよそ半分である

ゼキザップ
ゼキザップ

導電率については、(2)で説明した通り、その他の材料についても覚えておきましょう。

また、黄色のアンダーラインを引いた記述については、計算問題で出題されることがあるので、言葉を覚えるだけでなく、知識を計算で活かせるようになりましょう!

過去問クイズ(動画)に挑戦しよう

過去問学習では、解答部分だけを暗記してしまい、試験本番で思い出せないことがあります。解答の暗記ではなく、知識として定着させるためには、クイズなどで記憶の確認を行う必要があります。

今回の問題を含めたクイズ動画を公開しているので、通常の過去問学習に飽きた方、解答を覚えてしまった方はぜひ挑戦してみて下さい。(参考書学習中の方も、現在の実力を確認するために、挑戦してみて下さい)

電験三種|2016年(平成28年)電力の過去問クイズ~直前対策、参考書の理解度確認
電験三種に過去問学習は意味がない!この情報を信じて過去問をやらないで受験すると失敗する確率が高いですよ。確かに、解答を暗記するだけの過去問学習は無意味です。けど、暗記したくなくても何度も過去問学習していると暗記してしまいますよね…。そんな方のために作成したのがクイズ動画です。2016年(平成28年度)の電力の過去問から出題するクイズに挑戦して、直前対策や参考書学習後の実力確認にご活用下さい!

学力別におすすめする参考書

まだ、参考書を買っていない方。あるいは、使用している参考書がいまいち理解できない方は、こちらの記事をご確認下さい♪

電験三種合格者のおすすめ参考書で勉強しても無駄!?理由と対策をアドバイスします♪
合格者がオススメする参考書を買って勉強しても9割の方が不合格になります。【オーム社:完全マスター&やさしく学ぶ】【電気書院:これだけ】【TAC:みんなが欲しかった】等のシリーズを『オススメだから』という判断基準で購入すると失敗します。大切なのは、自分に合った難易度の参考書を選ぶことです。加えて、過去問10年分解くことが重要です。参考書の練習問題は過去問の抜粋です。直接過去問を解けば出題パターンと時間配分がわかるので、参考書だけでなく過去問学習もやりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました