【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/電力/過去問解説:2015年(平成27)問9☆架空送電線のがいしの塩害現象及び対策(論説)

問題文と解答

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成27年度第三種電気主任技術者試験電力科目A問題問9

架空送電線路のがいしの塩害現象及びその対策に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)がいし表面に塩分等の導電性物質が付着した場合、漏れ電流の発生により、可聴雑音や電波障害が発生する場合がある。
(2)台風や季節風などにより、がいし表面に塩分が急速に付着することで、がいしの絶縁が低下して漏れ電流の増加やフラッシオーバが生じ、送電線故障を引き起こすことがある。
(3)がしいの塩害対策として、がいしの洗浄、がいし表面へのはっ水性物質の塗布の採用や多導体方式の適用がある。
(4)がいしの塩害対策として、雨洗効果の高い長幹がいし、表面漏れ距離の長い耐霧がいしや耐塩がいしが用いられる。
(5)架空送電線路の耐汚損設計において、がいしの連結個数を決定する場合には、送電線路が通過する地域の汚損区分と電圧階級を加味する必要がある。

  • がいしの問題なのに、それ関係ないよ!って感じの言葉が含まれている記述があります

(3)

スポンサーリンク

解説

(1)~(5)まで、サッと読むと全部正しい記述だぞ…(・・;)……って思った方もいると思います。私も1回読んだだけで誤りを見つけられず、2回目で見つけることができました(^▽^;)どこに誤りが含まれているかわかりにくい記述もあるので、試験本番では集中して問題を読みましょう!

\この知識があれば解ける/
  • (1):漏れ電流の影響
  • (2):塩分付着の影響
  • (3):塩害対策(方法)
  • (4):塩害対策(がいしの種類)
  • (5):連結個数の決定方法

動画で確認

電験三種/電力/過去問☆架空送電線路のがいしの塩害現象及び対策(論説)☆ゼキザップ!と一緒に解いてみよう♪【2015年(平成27年)問9】
↓チャンネル登録お願いします

(1):漏れ電流の影響

(1)の記述は正しいです。

覚えておくべきポイントは2つです。
①がいし表面に塩分等の導電性物質が付着した場合、漏れ電流が発生する。
②漏れ電流が発生すると、可聴雑音電波障害が発生する。

(2):塩分付着の影響

(2)の記述は正しいです。

がいし表面塩分が急速に付着することで、がいしの絶縁が低下して漏れ電流の増加フラッシオーバが生じ、送電線故障を引き起こすことがある。

『表面に塩分が付着すると漏れ電流が増加』するのは、(1)の記述と重なる内容ですので、知識として大切です♪(1)よりも深堀して問われている部分としては、『絶縁が低下』って記述なので覚えておきましょう。

(3):塩害対策(方法)

(3)の記述は誤りです。

がしいの塩害対策として、がいしの洗浄、がいし表面へのはっ水性物質の塗布の採用や多導体方式の適用がある

多導体方式は、がいしの塩害対策と無関係です。

受験生
受験生

多導体方式を知らないから、解けるわけないじゃん!

受験生の中で多導体方式を知らない方は、今すぐ多導体方式について勉強しましょう!
電験三種では多導体方式についての問題も出題されるので、過去問を解いていく過程でわからない単語などがありましたら、次の問題を解く前にわからないことを覚えましょう(^^)

(4):塩害対策(がいしの種類)

(4)の記述は正しいです。

それぞれのがいしが、なぜ塩害対策になるのか…その効果とリンクさせて覚えるようにしましょう!

\がいしの種類と特徴/
  • 長幹がいし:雨洗効果が高い ➡ 塩害対策
  • 耐霧がいし:表面漏れ距離が長い(渦巻き状) ➡ 塩害対策
    (一部参考書には記載が無いので、最初は無理に覚えなくても大丈夫です。)
  • (耐塩がいし:名称の通り塩に耐性のあるがいしですが、一部参考書に記載がありませんし、ググっても詳細は出てこないので、名前だけ知っていればいいと思います。)

(5):連結個数の決定方法

(5)の記述は正しいです。

がいしの連結個数は、送電線路が通過する地域の汚損区分電圧階級を考慮して決定します。

知らなかった方は、試験本番までに覚えておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました