【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/電力/過去問解説:2015年(平成27)問8☆架空送電線の振動(穴埋め)

問題文と解答

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成27年度第三種電気主任技術者試験電力科目A問題問8

次の文章は、架空送電線の振動に関する記述である。

多導体の架空送電線において、風速が数~20m/sで発生し、10m/sを超えると振動が激しくなることを (ア)振動という。
また、架空電線が、電線と直角方向に穏やかで一様な空気の流れを受けると、電線の背後に空気の渦が生じ、電線が上下に振動を起こすことがある。この振動を防止するために (イ)を取り付けて振動エネルギーを吸収させることが効果的である。この振動によって電線が断線しないように (ウ)が用いられている。
その他、架空送電線の振動には、送電線に氷雪が付着した状態で強い風を受けたときに発生する (エ)や、送電線に付着した氷雪が落下したときにその反動で電線が跳ね上がる現象などがある。

上記の記述中の空白箇所(ア) 、(イ)、(ウ)及び(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(ア)(イ)(ウ)(エ)
(1)コロナスパイラルロッドスペーサスリートジャンプ
(2)サブスパンダンパスペーサスリートジャンプ
(3)コロナダンパアーマロッドギャロッピング
(4)サブスパンスパイラルロッドスペーサスリートジャンプ
(5)サブスパンダンパアーマロッドギャロッピング

簡単な問題なので必要ないですね♪
もし、わからない方は解答をタッチする前に、参考書で調べながらでもいいので、答えを選んで下さい

※参考書で調べながら答えを導くことで、参考書を流し読みしていたことに気付けますし、参考書のどこが大切なのか理解することができます。

(5)

スポンサーリンク

解説

風による架空送電線の振動に関する問題ですが、参考書で学ぶ一般的な内容が出題されているためサービス問題です。この問題が解けなかった方は、参考書を流し読みしている可能性が高いので、集中力を上げて勉強しましょう!

問題自体は簡単でしたが、他の部分を穴埋めで問われたら難易度が急激に上がります!問題文の記述で穴埋めされていない部分も含めて、しっかりと覚えておきましょう!

\この知識があれば解ける/
  • (ア):多導体に生じる振動
  • (イ)(ウ):微風振動の対策
  • (エ):氷雪付着時に強風を受けた場合の振動

動画で一緒に解いてみる

電験三種/電力/過去問☆架空送電線の振動(穴埋め)☆ゼキザップ!と一緒に解いてみよう♪【2015年(平成27年)問8】
↓チャンネル登録お願いします

(ア):多導体に生じる振動

(ア)にはサブスパンが選択されます。

1相の導体の内でスペーサとスペーサで区切られた間隔サブスパンと言います。
サブスパン内で発生する振動がサブスパン振動です。

サブスパン振動は導体ではなく導体で生じることもポイントです♪
せっかくなので、サブスパン振動の対策も復習しておきましょう。

サブスパン振動の対策

スペーサの配置を適切に行う

(イ)(ウ):微風振動の対策

(イ)にはダンパ、(ウ)にはアーマロッドが選択されます。

\役割/
  • ダンパ:振動エネルギーを吸収し、振動の発生を防止する
  • アーマロッド:電線を補強して、電線の振動による断線(素線切れ)を防止する

過去問学習の欠点は解答のみ覚えてしまうことです。
スパイラルロッドスペーサについても理解しておきましょう!

  • スパイラルロッド
    電線に着雪しにくくするためのもの
  • スペーサ
    多導体方式を採用した場合に、導体間に設けられる

(エ):氷雪付着時に強風を受けた場合の振動

(エ)にはギャロッピングが選択されます。

\ギャロッピングとは/
  • 架空送電線に氷雪が付着した状態で強い風を受けたときに発生する上下振動

ギャロッピングについては意味だけではなく、発生しやすい条件・不具合についても覚えておきましょう。

ギャロッピングが発生しやすい条件
 ➡電線の断面積が大きいほど発生しやすい
 ➡導体より導体の方が発生しやすい

ギャロッピングによる不具合
 ➡相間短絡事故を生じる場合がある(振幅が大きい)
 ➡スペーサの損傷、金具類の機械的疲労

ちなみに、スリートジャンプとは、

電線に付着した氷雪が一斉に脱落して電線が跳ね上がる現象

です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました