【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/電力/過去問解説:2015年(平成27)問5☆分散型電源の配電系統連系(論説問題)

問題文と解答

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成27年度第三種電気主任技術者試験電力科目A問題問5

分散型電源の配電系統連系に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)分散型電源から逆潮流による系統電圧の上昇を抑制するために、受電点の力率は系統側から見て進み力率とする。
(2)分散型電源からの逆潮流等により他の低圧需要家の電圧が適正値を維持できない場合は、ステップ式自動電圧調整器(SVR)を設置する等の対策が必要になることがある。
(3)比較的大容量の分散型電源に連系する場合は、専用線による連携や負荷分割等配電系統側の増強が必要になることがある。
(4)太陽光発電や燃料電池発電等の電源は、電力変換装置を用いて電力系統に連系されるため、高調波電流の流出を抑制するフィルタ等の設置が必要になることがある。
(5)大規模太陽光発電等の分散型電源が連系した場合、配電用変電所に設置されている変圧器に逆向きの潮流が増加し、配電線の電圧が上昇する場合がある。

  • 問題文を読んでもサッパリわからないって方……状況をイメージしながら回答してみましょう。(この手の問題は参考書で勉強しても、そのまま解答が記載されているわけではないので、想像力が大切です♪)

(1)

スポンサーリンク

解説

かなり勉強されている方には簡単な問題だったと思います。論説問題では(1)~(5)すべての知識が必要ですが、知らない所は、自分が持っている知識をフル活用して想像してみましょう!

\この知識があれば解ける/
  • (1):逆潮流による系統電圧の上昇を抑制する力率
  • (2):ステップ式自動電圧調整器(SVR)とは
  • (3) :大容量の分散型電源連系に必要なこと
  • (4):太陽光発電や燃料電池発電等を連系する際に必要な設備
  • (5):大規模太陽光発電等の分散型電源が連系した場合に生じる問題

動画で一緒に解いてみる

電験三種/電力/過去問☆分散型電源の配電系統連系☆ゼキザップ!と一緒に解いてみよう♪【2015年(平成27年)問5】
↓チャンネル登録お願いします

(1):逆潮流による系統電圧の上昇を抑制する力率

(1)の記述は誤りです。

分散型電源から逆潮流による系統電圧の上昇を抑制するために、受電点の力率は系統側から見て ×進み〇遅れ 力率とする。

進み力率ではなく、遅れ力率とします。論説問題は知っていれば簡単ですが、解答部分がちょうどわからなかった方は持っている知識をフル活用して解きましょう!

※以下、実際に私がこの問題を解くために想像したことを、記事にします。技術的に誤っている場合もありますが、電験三種に合格するだけであれば、そこまで正確な知識が無くても大丈夫なんだなって思ってもらえれば幸いです。(ちゃんとした知識が欲しい方は、お金払って解説書を買いましょう(^▽^;))

文章の感じから、力率が進み遅れかのどっちかが正しいんだろうな…。
逆潮流』って、本来なら供給側である電力会社に対して、逆に電力を供給してしまうことだったよな?

(※以下、私が問題を解くにあたって想像したことなので、技術的に正しいわけではないです。)
電気の流れって電圧が高いところから低いところに流れるはずだから、受電点の力率を系統側から見て進みにしたら、受電点の電圧が系統側よりも高くなるんじゃないかな?フェランチ効果ってやつかな?
つまり受電点を進み力率にしたら、逆潮流抑制されないんじゃないかな?

受電点を系統側から遅れ力率にすれば、受電点の電圧が系統側よりも低くなるから、逆潮流抑制されそうだなって感じでイメージしました。

(2):ステップ式自動電圧調整器(SVR)とは

(2)の記述は正しいです。ステップ式自動電圧調整器については私の持っている参考書に記載がないことと、ネットで検索しても出てきません…

まずは、今回の問題から、『散型電源からの逆潮流等により他の低圧需要家の電圧が適正値を維持できない場合 に対して、ステップ式自動電圧調整器を対策として用いる』ことを覚えておきましょう。

(3) :大容量の分散型電源連系に必要なこと

(3)の記述は正しいです。問題文に記載されている通り、

比較的大容量の分散型電源に連系する場合は、専用線による連携や負荷分割等配電系統側の増強が必要になることがある

ので、しっかりと覚えましょう!

(4):太陽光発電や燃料電池発電等を連系する際に必要な設備

(4)の記述は正しいです。
太陽光発電や燃料電池発電等の電源は直流のため、電力変換装置を用いて交流にして系統に連系されます。電力変換すると高調波が生じるので、フィルタなどの設置が必要です。

(5):大規模太陽光発電等の分散型電源が連系した場合に生じる問題

(5)の記述は正しいです。問題文に記載されている、

配電用変電所に設置されている変圧器に逆向きの潮流が増加し、配電線の電圧が上昇する場合がある

って、(1)の逆潮流のことですね。逆潮流の意味もしっかりと覚えておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました