【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

電験三種/電力/過去問解説:2015年(平成27)問12☆受配電方式の特徴(スポットネットワーク及び低圧ネットワーク)(論説)

問題文と解答

出典:一般財団法人電気技術者試験センター/平成27年度第三種電気主任技術者試験電力科目A問題問12

スポットネットワーク方式及び低圧ネットワーク方式(レギュラーネットワーク方式ともいう)の特徴に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)一般的に複数回線の配電線により電力を供給するので、1回線が停電しても電力供給を継続することができる配電方式である。
(2)低圧ネットワーク方式では、供給信頼度を高めるために低圧配電線を格子状に連系している。
(3)スポットネットワーク方式は、負荷密度が極めて高い大都市中心部の高層ビルなど大口需要家への供給に適している。
(4)一般的にネットワーク変圧器の一次側には断路器が設置され、二次側には保護装置(ネットワークプロテクタ)が設置される。
(5)スポットネットワーク方式において、ネットワーク変圧器二次側のネットワーク母線で故障が発生したときでも受電が可能である。

(5)

スポンサーリンク

解説

スポットネットワーク方式とレギュラーネットワーク方式をヒントのように図でイメージできれば正解率が上がると思いますので、接続イメージと一緒に特徴を覚えましょう♪

\この知識があれば解ける/
  • (1)(2)(4)(5):系統構成(接続)
  • (3):スポットネットワーク方式の適用

動画解説

電験三種/電力/過去問☆受配電方式の特徴(論説)☆ゼキザップ!と一緒に解いてみよう♪【2015年(平成27年)問12】
↓チャンネル登録お願いします(^人^)

(1)(2)(4)(5):系統構成(接続)

(1)スポットネットワーク方式及び低圧ネットワーク方式(レギュラーネットワーク方式)

(1)の記述は正しいです。

上図の接続を見てわかる通り、複数回線の配電線により電力を供給するので、1回線が停電しても電力供給を継続できます

(2)低圧ネットワーク方式の接続

(2)の記述は正しいです。

図の接続を見てわかる通り、低圧ネットワーク方式(レギュラーネットワーク方式)は格子状に連系しています。

(4)ネットワーク方式の構成

(4)の記述は正しいです。

図を見てわかる通り、ネットワーク変圧器の一次側には断路器が設置され、二次側には保護装置(ネットワークプロテクタ)が設置されます。

(5)スポットネットワーク方式のネットワーク母線故障

(5)の記述は誤りです。

スポットネットワーク方式において、ネットワーク変圧器二次側のネットワーク母線で故障が発生したときでも × 受電が可能である〇 需要家全体が停電します

(3):スポットネットワーク方式の適用

(3)の記述は正しいです。

問題文の記述の通り、スポットネットワーク方式は、負荷密度が極めて高い大都市中心部の高層ビルなど大口需要家への供給に適している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました