【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>

2018年(H30)

2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問17☆パーセント法で示した送電線路のリアクタンスと送電電力の計算

パーセントインピーダンスなら知ってるけどリアクタンスはちょっと…て方は、インピーダンスの意味を考えて解きましょう。基本的には公式に代入すれば解けてしまう、やさしいサービス問題です。どんなに簡単な問題でも、てを抜かず丁寧に分かりやすいを目指して解説します!(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問16☆太陽光発電設備接続前の電圧と、接続後の電流を求める計算問題

aとbで発電設備接続前後の問題となっているため、計算に用いる数値が異なることに注意しましょう。回路図がある問題では、どこにどれだけの電流が流れ、電圧が生じているのかを分かりやすくするために、回路図に追記しながら問題を解きましょう。一つずつ丁寧に解いていけば、正解できる問題です。頑張りましょう!(試験本番ではB問題を解く段階で、1時間経っていない状態が理想的です。)(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問15☆調整池式発電所の有効貯水量と発電機出力の計算問題

法規の問題のような気がしますが、電力で出題されてしまいましたね…。時間ごとの使用水量グラフを正しく見ることと、発電機出力の公式がわかれば解けます!ヒントに公式を記載しておきましたが、見ても解けない方は、グラフを理解していないか、解く手順を構築できていません。手順に従って何度も復習し、試験までに解き方のパターンを習得するつもりで勉強して下さい!(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問14☆変圧器に使用される鉄心材料

2018年電力の論説問題で一番難しいです!覚えていないと正解できない問題って辛いですよね。しかも、一部参考書には記載されていない知識ですので、情報量の少ない参考書を使って勉強している方は圧倒的に不利な問題です。材料の分野は参考書の最後におまけ程度に記載されているので対策にも限度があります…材料の分野をミスっても良いようにその他分野の知識レベルを上げておきましょう♪(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問13☆三相平衡負荷電力が変化した後の力率

三相平衡負荷電力の公式と線路損失の公式がわかれば解ける簡単な計算問題です。初期学習の方で参考書が手元になくても挑戦できるように、ヒントに公式を記載しています。もしも公式を見ても問題を解けない方は、問題を解く手順を構築する力が低いので、演習問題や過去問学習を繰り返して、計算力を鍛えましょう!(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問12☆変圧器のV結線方式

変圧器の問題はどちらかというと機械で多く出題されますが、電力でも出題されるのでしっかり対策しましょう。計算問題ができるのに論説問題で何倍とか問われると答えられなくなってしまう方は、もう少しリラックスして解きましょう。使用する公式は基本中の基本なので、冷静に解けば正解できます。V結線とΔ結線の変圧器の設置については、一部の参考書には記載されていませんが、使用する変圧器の数から推測できると思います。知らない問題が出題されても、案外知っている知識で推測できるので、試験本番でも慌てず、冷静に問題を解きましょう!(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問11☆地中送電線路に使用される各種電力ケーブル

OFケーブルやCVケーブル、CVTケーブルについては電験三種の勉強をやっていればお馴染みですので大丈夫だと思います。POFケーブについては、記載されていない参考書を使って勉強している方にとっては厳しいと思いますが、選択肢は5個あるので、知っている知識をフル活用して問題を解きましょう!試験本番でもわからない・知らない問題は当然出題されますので、焦らず知っている知識を信じて問題を解きましょう!(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問10☆送配電系統における過電圧の特徴

問題自体は電験三種の勉強をやっていれば必ず学ぶことが出題されているので簡単です♪しかし、フェランチ効果については、今回のような問題以外にも計算問題や他の出題方法もあるので、重点的に勉強しましょう!また、接地方式についても、直接接地方式と非接地方式以外に抵抗接地方式や、消弧リアクトル接地方式がありますので、それぞれの特徴を覚えて、どの接地方式が出題されても正解できるようになりましょう。(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問9☆架空送電線の多導体方式

多導体方式とは?と聞かれてすぐにメリットを説明できますか?メリットが上げられればこの問題は正解できます♪この問題自体が、多導体方式のメリットがうまくまとめられた文章になっているので、問題文をそのまま暗記してしまっても良いくらいオススメできる内容です。(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問8☆Δ-Δ結線した変圧器の二次側負荷に供給されている電力

変圧器の計算問題ですが、変圧比と変流比の関係、三相電力の公式がわかれば解ける簡単な問題です。公式を知っているのに解けない方は、問題を解く手順を理解できていないので、過去問学習や参考書の演習問題で計算問題を多くこなして、解く手順を構築できるようになりましょう!(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問7☆変圧器の保全・診断

変圧器の保全・診断に関する論説問題です。一部の参考書には記載されていない内容ですので、過去問で勉強しましょう!問題自体は記載の矛盾に気づければ、知識が無くても解けてしまうので簡単です。この問題自体は変圧器について出題していますが、『電力』の科目で出題される、絶縁材料と内容が被る部分もあるので、しっかり正解しておきましょう♪(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問6☆保護リレー

保護リレーの関する問題ですが、遮断器と断路器の違いを理解していれば、簡単に解ける問題です。また、架空送電線の事故は落雷と落雪どちらが多いのかについては、視点を変えて解説しています。事故区間遮断後、一定時間経過後の対応については、問題文中にヒントが記載されています。今回は、知識としては問題文を丸暗記すれば良いので、穴埋め問題における連想方法みたいな感じで解説致します。(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問5☆風車のロータ軸出力

風車のロータ軸出力を求める計算問題です。公式を知っていれば代入するだけで求められるので簡単ですが、パワー係数を考慮し忘れないように注意しましょう!また、ロータ軸出力の公式は、空気の運動エネルギーから導出する過程が論説問題や穴埋め問題で問われることもあるので、導き方も含めて覚えるようにしましょう!(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問4☆原子力発電所の蒸気タービンの特徴

原子力発電所の蒸気タービンに特化した珍しい問題です。(故に、一部の参考書では、この問題の出題範囲が全く記載されていません)。蒸気タービンの特徴や入口蒸気に関する知識が得られるだけでなく、火力発電所と比較した場合の原子力発電所の位置づけも学ぶことができるので、おすすめの問題です。(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問3☆汽力発電所の蒸気タービン設備

汽力発電所の蒸気タービン設備に関する問題です。衝動タービンと反動タービンの回転原理、蒸気タービン設備(ターニング装置、調速装置、非常調速装置)の知識があれば正解できます。タービンの回転原理については、参考書の汽力発電所には記載されず、水力発電所の方で勉強していると思います。ターニング装置については、一部の参考書には記載されていませんが、日本語に翻訳すればどんな装置か想像できます♪調速装置と非常調速装置は名称が似ていますが、機能は全くことなるので、混合しないように注意して覚えましょう!(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問2☆水車の比速度

水車の比速度に関する問題です。比速度の意味、ペルトンとフランシスの比較、キャビテーション発生原因の3つがわかれば正解できます。穴埋め問題では、解答部分だけを覚えても試験本番で通用しないため、水車ごとの比速度の比較やキャビテーションの発生原因、影響、発生防止についても記述しておきました。比速度については、参考書によって表現方法が異なりますが、文章を丸暗記するのではなく、意味をイメージしながら覚えましょう♪(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2018年(H30)

電験三種/電力/過去問解説:2018年(平成30)問1☆タービン発電機の水素冷却方式

水素ガスを空気と比較した特徴に関する問題です。比熱/比重/不活性といった特性がわかれば正解できるため簡単ですが、一部の参考書には記載されていない濃度について学べるオススメの問題です。電験三種は難易度が高いので、特徴だけを暗記するのではなく、どのように活かされていのるかまで含めて覚えるようにしましょう♪(記事が良いと思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
タイトルとURLをコピーしました