【やらなきゃ損】メンズ脱毛でひげ剃りの面倒から解放されよう!>>
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問13☆単相2線式線路の電圧降下(計算)

三相3線式の計算問題は多いですが、単相2線式の方は計算に慣れていない方もいらっしゃると思います。電圧降下の公式も三相3線式と異なります。しかし、計算手順(パターン)は三相3線式でも単相2線式でも同じなので、使用する公式を間違えなければ正解できるので、公式を間違えないように注意しましょう!(参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問12☆低圧配電系統の構成(穴埋め)

放射状方式(樹枝状方式)とバンキング方式の用途、役割、特徴に関する問題です。配電方式に関する問題は言葉だけでなく、図をイメージできるようになると、構成が出題されても対応できるのでオススメです。(参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問11☆地中配電線路に用いられる機器の特徴(論説)

直埋変圧器の変圧器孔と供給用配電箱については、参考書に記載されていない可能性があります。難易度の高い論説問題ですので、まずは2択に絞り込むことを目標に取り組んでみましょう!今回解けなくても、試験までに覚えられればOKです。これを機会に新しい知識を学べてラッキーだったと、前向きに勉強していきましょう。(参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問10☆地中送電線路の故障点位置標定(論説)

私が受験した当時、間違えた問題の中でも印象に残っている問題です。他の解説を読んでも理解できなかったので、苦労しました。故障点位置標定方法の意味は、マーレーループ法以外は名前から容易に想像できますが、適用範囲や、位置標定に必要な情報までは覚えている方も少ないと思います。この問題を何の無くではなく、確信をもって正解できた方はかなりレベルの高い学習ができているので、試験本番まで集中力を維持していきましょう!(参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問9☆三相3線式1回線の送電線路における負荷の有効電力(計算)

三相回路の電圧降下の公式と、三相3線式の負荷の有効電力を求める公式を知っていることが前提の問題です。ヒントに公式を記載しているので、覚えていなかった方でも解けると思います。もし、公式を見ても解けなかった方は、解き方の手順がわかっていないので、解答を確認した後すぐに問題を解きなおして、手順をマスターしましょう♪(参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問8☆誘導障害(穴埋め)

静電誘導障害と電磁誘導障害の意味は出題されたくない問題ではありますが、理解できない方は割り切って暗記しましょう!私は理解できなかったので暗記してしまいましたが、この問題程度のレベルであれば正解できます。(参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問7☆遮断器(論説)

簡単なサービス問題ですが、正解したからとすぐ次の問題にいかないようにしましょう。ガス遮断器・真空遮断器・六ふっ化硫黄ガスについては覚えておくべき特徴が多いので、知らなかった特徴は頭に入れておきましょう!(参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問6☆並行運転した変圧器の過負荷運転状態(計算)

パーセントインピーダンスに対する苦手意識がある方もいらっしゃると思いますが、解き方のパターンは決まっているので、早めに克服しましょう!パーセントインピーダンスって何なのか?は考えずに解き方を習得するようにしましょう。計算問題は手順がわかれば、論説・穴埋め問題より正解しやすいので、参考書の演習問題だけでなく、多くの過去問を解いて数をこなしましょう!(参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問5☆各種発電の特徴(論説)

水力・火力・原子力以外の発電(燃料電池・バイオマス・風力・太陽光)については、参考書では細かいところを学べません。過去問学習で多くこなして、参考書に記載されていない範囲を補いましょう♪過去問は解いた数だけ、あなたの力を底上げしてくれますよ♪(参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問4☆原子力発電所の核燃料サイクル(穴埋め)

MOX燃料とイエローケーキの知識が無いと正解できません。参考書によっては記載されていない内容ですが、記載されていない参考書で勉強されている方でも2択までは絞り込みましょう!ウラン235の濃度については定番なので大丈夫ですが、高速増殖炉と新型転換炉については詳細は知らない方も多いと思いますが今回は浅い知識でも解けます。特徴は解説にまとめたので、知らなかった部分や参考書に記載されていなかった部分は追記するようにしましょう!(参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問3☆汽力発電所のボイラ及びその付属設備(論説)

ボイラ設備の論説問題では、『煙道ガス』と『タービン蒸気』どちらで給水を温めるのか問われる問題が定番ですが、定番ではない部分が誤っているので、山をはって勉強するタイプの方には難しかったと思います。論説問題では選択肢を絞り込むだけでも幅広い知識が要求されるため、勉強終盤でないと正解率が上がってこないため、なかなか正解率が上がらなくても、焦らず地道に勉強を継続しましょう!(もし参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問2☆水車発電機とタービン発電機の特徴(穴埋め)

覚えてないと解けない問題です。過去問学習は最初から正解する必要はないので、覚えていなかった方は参考書を見ながらでもよいので、正しい答えを選択して下さい!勉強初期の段階では、自分で調べながら問題を解くことも勉強になるのでオススメです。(もし参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2016年(H28)

電験三種/電力/過去問解説:2016年(平成28)問1☆揚水発電所の発電出力・揚水入力と所要時間、総合効率(計算)

揚水発電所の問題は大抵、2種類(発電・揚水)の使用状態での問が定番です。注意点は発電と揚水で、効率と有効落差の取り扱いが変わるところです。間違え方としては、公式を勘違いして違う公式を使ってしまうパターンです。問題としては定番ですが、最初の頃は間違えた公式を使用してしまうことがあるので注意して計算しましょう♪(もし参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2015年(H27)

電験三種/電力/過去問解説:2015年(平成27)問17☆電力系統の合成線路インピーダンスと送電電力(計算)

単位にパーセント[%]がある計算問題は苦手意識がある方もいると思います。しかし、解き方の手順は決まっているので、公式を順序を覚えてしまえば正解しやすい問題です(論説、穴埋めより正解しやすい)。(b)問題は(a)の計算結果を使用するため、まずは(a)が解けるようになりましょう!私も勉強初期は両方解けなかったですが、徐々に(a)だけ正解できるようになり、最終的に(b)が解けるようになりました。焦らず一歩一歩、問題を解く力をつけていきましょう(^^)(もし参考になると思いましたら、SNSにシェアして、仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2015年(H27)

電験三種/電力/過去問解説:2015年(平成27)問16☆三相3線式変電設備の無効電力と電圧降下を求める(計算)

問題用紙いっぱいに計算過程を書かないと求めることができない面倒な(時間のかかる)計算問題です。(b)は(a)で求めた結果を計算に使用するので、(a)で計算ミスをした方は(b)も間違えます。解き方のパターンは決まっているので、今回解けなかった方はパターンが身につくまで何度も解きなおしましょう!また、計算に時間のかかる問題は試験本番のタイムマネジメントが大切ですので、過去問学習をする際は、時間を意識して解くようにしましょう♪(もし参考になると思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2015年(H27)

電験三種/電力/過去問解説:2015年(平成27)問15☆速度調定率から発電機の周波数と出力を求める(計算)

問題文中に速度調定率の公式が記載されているので、公式を覚えていなかった方でも解けるサービス問題です。しかし、計算上使用する周波数をどこに代入したらいいのかわからなかった方もいると思います。回転数の部分を周波数に置き換えるだけですので、今回問題を解くにあたって知らなかった方は、試験前に解き方を知れてラッキーでしたね♪(もし参考になると思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2015年(H27)

電験三種/電力/過去問解説:2015年(平成27)問14☆変圧器の鉄心に用いられる鉄心材料(論説)

材料の分野は問14で必ず出題されるがわかっているのに、なかなか覚えられないですよね?今回はかなり広い範囲まで覚えていないと正解できない難易度の高い問題です。しかし、個人的には材料の問題は所詮5点分にしかならないので、発電・送電・変電の分野を徹底的に勉強した方が合格点に近づくと思うので、何が覚えられないのかを整理して、試験直前にチェックする方法もありだと思います(私がそうでした…)(もし参考になると思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
2015年(H27)

電験三種/電力/過去問解説:2015年(平成27)問13☆三相3線式の最大送電電力(計算)

三相3線式と単相2線式の最大送電電力を比較した計算問題です。公式を知っていても、問題文の記述(条件)を正しく解釈できないと解けないので、問題に慣れていない方には難しいと思います。線路こう長、導体材料や導体量、送電端の線間電圧、力率が等しく、許容電流は導体の断面積に比例する…といった記述を式で表せれば正解できるので、イメージしながら解いてみましょう!(もし参考になると思いましたら、SNSにシェアして、まだこのブログを知らない仲間(電験三種受験者)にオススメして頂けると嬉しいです(*^-^)♪)
タイトルとURLをコピーしました